自然農法で野菜栽培

自然農法とは、有機農法の一種で、化学合成農薬や化学肥料を使用せずに農作物を栽培するのが特徴です。

栽培方法は、実践者によって大きく異なります。
無肥料栽培を行う人もいますが、落ち葉や枯れ草を発酵させた「自然堆肥」を利用する人もいます。
耕起や除草を行うか否かについても、人によって異なります。

筆者は当面、基本的には無農薬・無肥料栽培を実践する方針です。
ただし、竹の枝葉を畑で焼いたり、竹の枯葉を畑に置く程度の養分補給は行います。

省力化のため、基本的には不耕起栽培ですが、必要ならば土寄せは行います。

除草については、基本的には行わない方針。
ただし、場所によっては草抜きや草刈りを行います。

「自然農法の野菜栽培」のページでは、私自身の知識整理のため、自然農法関連の事柄について書いていきます。


スポンサーリンク