慣行農法

慣行農法とは、世間で一般的に行われている農法のことです。

現在の日本では、農薬や化学肥料を大量に使用して農産物を栽培する、いわゆる「近代農法」が主流ですので、「慣行農法」という語は「近代農法」と同じ意味で使用されます。

地域によって気候条件が異なることもあり、慣行農法の内容には地域差があります。
そのため、農薬や化学肥料の使用回数や使用量について、全国一律に標準的な基準はありません。

慣行農法のメリットとして、以下のことが挙げられます。
  • 単位面積当たりの収穫量が多い。
  • ハウス栽培などの施設栽培では、あまり天候に左右されず、安定した収穫量と品質が見込める。
  • 機械の利用により、作業の負担を小さくできる。

デメリットとして、以下のことが挙げられます。
  • 設備・機械の購入・維持にコストがかかる。
  • 農薬や化学肥料を購入する必要がある。
  • 農薬や化学肥料が作業者の健康を害する恐れがある。
  • 農薬や化学肥料の大量使用による、環境汚染の懸念がある。



スポンサーリンク