施設園芸

施設園芸とは、ビニールハウスなどの施設を利用して、野菜や果実、草花などを栽培する方法です。

単に雨が農産物にかかるのを避ける目的で行われる場合もありますが、冷暖房設備による温度制御、照明や遮光フィルムによる光環境制御など、様々な設備の利用によって、植物の成長をコントロールしようとする手法もあります。

施設栽培では、設備の導入・運用に費用がかかります。
作物の成長を最適に制御することにより、ある程度、生産効率を高めることは出来ますが、施設栽培は通常、作物を屋外で栽培する露地栽培(ろじさいばい)に比べ、生産コストが高くなります。

ただ、施設園芸では、収穫時期を人為的にコントロールできるメリットがあり、有利な条件で販売できる時期を狙って栽培するやり方もあります。


スポンサーリンク