シュワルツェネッガー的プログラミング言語

主な命令文を俳優アーノルド・シュワルツェネッガーの有名なセリフに置き換えたプログラミング言語「ArnoldC」が登場したそうです。

ArnoldCで使用可能なセリフや文法について、ArnoldC の GitHubページ で確認したところ、映画「ターミネーター」(The Terminator)等で使われた「I’ll be back」は、「I’LL BE BACK」として採用されてました。

プログラミング言語として「ArnoldC」に実用的な価値があるかは疑問ですが、話のタネにはなりそうです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です