マウントゴックス、民事再生法適用申請

株式会社MTGOXが 2014年2月28日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請し、受理されました。

資産総額約38億円に対し流動負債総額が約65億円で、債務超過。

また、顧客が保有する 75万ビットコインが消失し、顧客からの預かり金が最大で約28億円不足しているとのことです。

MTGOXは、仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」の売買を行う取引所の大手「Mt.Gox (マウントゴックス)」を運営する会社。

Mt.Goxは、トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」のカードを売買するオンライン取引所として 2009年に設立され、2010年にビットコイン事業に転換。
マーク・カーペレスが 2011年、Mt.Gox を創業者から買収し、以後、カーペレスがビットコイン取引所を経営し、一時はビットコイン取引所の最大手でした。

会社側は経営破綻の原因について、「ビットコインのソフトウェアのバグ(不具合)の悪用によって、ビットコインが消失した可能性が高い」という趣旨の説明を行ったそうです。

会社側の説明の真偽は不明ですが、預かり金を保管する預金口座の残高まで消失したという事で、計画倒産を疑われても仕方ない状況といえます。

仮に計画倒産ではなかったとしても、預かり資産を保全しなかったのは酷い。

以前、NHKの番組で、自分の全財産をビットコインに換えた人を取り上げてました。
投資は自己責任ですが、財産を失った人は気の毒に思います。

日本テレビ、定額制動画配信に参入

日本テレビ放送網株式会社(以下、日本テレビ)のサイトに 2014年2月28日(金)、Huluの日本市場向け事業を承継し定額制動画配信に参入 のプレスリリースが掲載されました。

Hulu(フールー)は、米国に本拠のある動画配信サービスで、NBCユニバーサル、FOXエンターテイメントグループ、Disney-ABC Television Groupなどが出資しています。

2011年8月31日に日本国内向けのサービスを開始し、PCやスマートフォン(スマホ)などで動画が見放題になるサービスを月額980円(税込)で提供しており、現在、約50社のコンテンツ・パートナーが提供する 1万3000本以上の映画・ドラマ・アニメを配信しています。

日本テレビは今春、Huluが会社分割により設立した新会社を子会社化することにより、Huluの日本における事業を承継する方針。

日本では現在、定額制動画配信では NTTドコモの「dビデオ」が最大手で、会員数は約450万人。

Huluの会員数は分かりませんが、「dビデオ」よりもかなり少ないはずです。

Huluが日本撤退するのは、賢明な判断と思います。

事業を承継する側の日本テレビについては、自前のコンテンツを持っており、生き残りできる可能性はありそうです。

H2Aロケット 23号機、打ち上げ成功

2014年2月28日(金) 午前3時37分、H2Aロケット 23号機が鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。

H-IIA ロケット(エイチツーエー ロケット)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工が開発し、三菱重工が製造および打ち上げを行う、人工衛星打ち上げ用液体燃料ロケットです。

今回、H2Aロケットに搭載されたのは、地球に降る雨や雪を観測するための人工衛星。
人工衛星は予定通りに軌道に乗り、今回の打ち上げは成功しました。

かつて、日本でのロケット打ち上げが失敗続きだった時期がありましたが、近頃は安定して成功するようになった感じです。

人間が月に行くことにも意味があるとは思いますが、現在、地球上に住んでいる人間にとって、観測衛星の役割は月に行く以上に役立つものです。

ただ、H2Aロケットに関して、軍事転用の疑いをもつ人もいます。

H2Aロケットは水素-酸素を燃料としていて、発射に大規模な設備が必要なため、ICBM(大陸間弾道弾)への転用には向かないとされています。

でも、偵察衛星の打ち上げに利用することは技術的に可能でしょう。

H2Aロケットの技術が平和目的のみに利用されてほしいものです。

童謡「ぞうさん」作詞者、まど・みちお 死去

「ぞうさん」などの童謡を作詞した詩人、まど・みちお氏(以下、敬称略)が 2014年2月28日、老衰のため 104歳で死去しました。

まど・みちおはペンネームで、本名は、石田道雄(いしだ みちお)。
生年月日: 1909年11月16日

1934年、25歳の時、雑誌投稿作品が北原白秋の推薦で特選に選ばれ、本格的に詩と童謡の創作を開始。
1948年に出版社に入社し、雑誌「チャイルドブック」創刊にかかわりました。
1959年に出版社を退職して以降、創作活動に専念。
晩年まで創作活動を続けていて、100歳のときに新作詩集 2冊が出版されています。

代表作「ぞうさん」は、1948年の作品。
童謡の歌詞作成を依頼され、何度も催促された末、一晩で書き上げたそうです。

1953年、「ぞうさん」の詞に團伊玖磨が曲をつけ、NHKラジオで放送された後、ヒット。
現在でも幼稚園で使われています。

「ぞうさん」は、日本人の大部分が知っているはずの歌ですが、私は作詞者の名前を知りませんでした。

Wikipedia で「まど・みちお」の項目を調べてみたところ、「やぎさんゆうびん」「いちねんせいになったら」「ふしぎなポケット」など、現在でも子供番組などで使われている歌をいくつか作詞してました。

「ぞうさん」といえば、タレントの志村けんが昔、ドリフターズの「8時だョ!全員集合」という番組内で、「ぞうさん」の「かあさん」の部分を「ち ん ち ん」に替えて歌ったことがあります。

Wikipedia の團伊玖磨の項目には、自身作曲の童謡『ぞうさん』が低俗な歌詞をもって歌わされていたことに腹を立てていた という記述がありますが、作詞者はどう思っていたのでしょう。

Firefox OS Flame

米国の非営利組織「Mozilla」が 2014年2月23日(スペイン時間)、「Firefox OS Flame」を発表しました。

「Firefox OS Flame」は、Firefox OS搭載スマートフォンの開発者向けのリファレンスモデル端末。

今回発表された端末は、デュアルコアの「Qualcomm MSM8210 Snapdragon」CPU、4.5インチ液晶ディスプレイ(解像度854×480)、256MB~1GBの RAM、8GBのストレージを搭載。

NFCや無線LAN(IEEE802.11b/g/n)に対応し、バッテリ容量は 1800mAh。

通信規格については、3G UMTSで 4つの 周波数帯(850/900/1900/2100)に対応しています。
UMTS(Universal Mobile Telecommunications Service)は欧州の企画で、日本では FOMAや W-CDMAの名称が一般的。

ハードウェアの仕様は平凡ですが、多くのアプリをインストールしなければ問題ないでしょう。

なお、Mozillaの Webサイトで SIMロックフリーの「Firefox OS Flame」を約100ドルの価格で販売予定があり、一般消費者も購入可能だそうです。

今回の「Firefox OS Flame」は、LTEに対応していませんが、今後、LTEがサポートされる可能性はあります。

もしも、ドコモの MVNO(Mobile Virtual Network Operator)の LTEサービスを Firefox OS搭載の SIMフリーの低価格スマホで利用できるようになれば、購入を検討したいと思います。

聖闘士星矢Ω、終了

今日(2014年2月26日)の午前9時半頃から 10時40分頃まで、以前に録画しておいたアニメ「聖闘士星矢Ω」を 3話分、鑑賞しました。

「聖闘士星矢Ω」は、車田正美の漫画「聖闘士星矢」を原作とする同題のアニメ作品の続編で、2012年4月1日からテレビ朝日系で日曜の午前6時半からの 30分枠で放送されています。

この日に鑑賞したのは、第86話(2014年1月12日放送)から第88話まで。

番組を鑑賞している途中で思い出しましたが、アニメ「聖闘士星矢Ω」が終了することが、2月24日に報じられてました。

2014年4月6日から、日曜の午前6時半からの 30分枠では、ちばてつやの相撲漫画「のたり松太郎」が原作のアニメ「暴れん坊力士!! 松太郎」が放送されるそうです。

「のたり松太郎」は、小学館の男性向け漫画雑誌「ビッグコミック」に長期連載されていた作品。

昨日(2月25日)の夕方、私の長男に「星矢Ω」の終了と次の番組のことを教えたところ、別の局の番組を見ることにしたようです。

ビットコイン取引所 Mt.Gox のサイト消滅か?

仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」の売買を行う取引所の大手で、東京に本拠がある Mt.Gox (マウントゴックス)のサイトが 2014年2月25日、利用できなくなりました。

日本時間で 25日の午前11時頃から Mt.Gox で取引できなくなり、その後、サイトを閲覧することができなくなりました。

倒産したかどうか、まだ分かりませんが、倒産してサイトが消滅した可能性大。

昨年(2013年)12月4日に NHKニュースでビットコインが紹介されたことがあり、2014年1月21日に NHK総合で放送された「クローズアップ現代」でもビットコインを取り上げていたので、つい最近、ビットコインの取引を始めた人もいると思います。

投資に関しては一般的に、マスコミが話題にしたら旨みはないというのが常識で、実際、昨年12月の時点でビットコインは高値圏で、その後、中国などがビットコインを禁止した影響で、ビットコインの価値は 十分の一以下に暴落しました。

私自身はビットコインを取引した経験も予定もなく、結果的に全く損していませんが、今回の暴落と Mt.Gox のサイトにアクセスできない騒ぎは、相場の恐ろしさを感じさせる出来事でした。

「ゴーストバスターズ」ハロルド・ライミス、死去

脚本家・映画監督で、俳優としても活動していたハロルド・ライミス(Harold Ramis)が 2014年2月24日、炎症性血管炎の合併症のため、死去しました。
69歳。

ハロルド・ライミスは、主にコメディ映画の分野で活躍していた人で、映画「ゴーストバスターズ」と「ゴーストバスターズ2」では、脚本・出演。

監督としては、ビル・マーレイ主演「恋はデジャ・ブ(Groundhog Day)」(1993年)やロバート・デ・ニーロ「アナライズ・ミー(Analyze This)」(1999年)などの作品を残しています。

「ゴーストバスターズ」(Ghostbusters)は、3人の学者が幽霊退治する SFコメディで、1984年の公開当時、北米興行収入の歴代7位の大ヒットを記録。
私は、ハロルド・ライミスの監督作品は見たことがありませんが、彼が脚本を担当した作品や出演した作品は何本か見たことがあります。
特に印象に残っているのは、やはり、大ヒットした「ゴーストバスターズ」で、ハロルド・ライミスは、3人の学者の一人、主人公の同僚(エゴン・スペングラー博士)役でした。

カレー風味の塩ラーメン

2014年2月24日(月)の 23時過ぎ、夜食としてインスタントラーメンを食べました。

麺とスープは特別なものではなく、イオンのプライベートブランド(PB)であるトップバリュのインタントラーメン(袋入りの塩味)。

私の場合、なべで湯を沸かしてから麺を入れ、2分後に麺と湯を丼(どんぶりに)に移し、スープの粉を入れて混ぜるだけ。
具は入れませんが、胡椒(こしょう)を多めに使い、辛いものが苦手な人には食べる気がしない辛さかと思います。

今回は、胡椒の他にエスビーのカレーパウダーもかけてみました。

カレー風味の塩ラーメン、個人的には好みの味でした。

スティーブ・ジョブズ、切手に

2011年に死去した実業家、故スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏の(以下、敬称略)肖像が、米国で 2015年に販売される記念切手の図案として採用される見通しであることが、2014年2月21日付けの米ワシントンポスト(電子版)で報じられました。

ジョブズは、1977年にスティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniak)らと共にアップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)を設立。
初期のパーソナルコンピュータ「Apple II」が大成功し、1980年にアップルコンピュータ(現在のアップル社、以下、Apple)の株式を公開したことにより、ジョブズは 2億ドルを得て、25歳でフォーブスの長者番付に載りました。

1985年に Appleから追放された後、NeXT社を設立。
翌1986年、ジョブズはルーカスフィルムのコンピュータ関連部門を買収し、ピクサー・アニメーション・スタジオを設立。

その後、Appleは 1990年代に業績低迷状態になり、打開策として、Appleは 1996年に NeXT社を買収。
翌1997年、ジョブズは Appleに復帰します。

ジョブズの復帰後、Appleの売り上げは iMac のヒットによって持ち直しました。

その後、Appleは Mac OS X、iPod、iPhone などを発表。
ジョブズが CEOを退任する 2011年8月には、Appleは時価総額で一時、世界最大の企業となりました。

スティーブ・ジョブズは、PCや ITの分野で、まさに伝説的な人物といえます。

ただ、電子メールの普及が切手の売り上げ減少をもたらしたことを思うと、ジョブズ切手が登場することについて、米国の郵便の関係者は複雑な心境かも。