ボンカレーの発案者 大塚明彦氏、死去

ボンカレーの発案者として知られる、大塚ホールディングス会長の大塚明彦(おおつか あきひ)氏が、2014年11月28日に死去しました。77歳。

大塚氏は、1937年(昭和12年)7月21日生まれで、徳島県出身。

1960年、中央大学工学部を卒業後、父親が経営する大塚製薬に入社。

ボンカレーは、1968年2月に大塚食品工業より阪神地区限定発売。
翌1969年4月に全国発売され、ロングセラー商品となりました。

大塚氏は、1976年から 1998年まで大塚製薬社長を務め、社長在任期間中、1980年発売の「ポカリスエット」、1983年発売の「カロリーメイト」を手がけています。

レトルトカレー「ボンカレー」は世界初の市販レトルト食品、ポカリスエットは国産スポーツ飲料の古参、カロリーメイトは栄養食品の草分け的存在で、現在の日本人の生活に大塚氏が与えた影響は小さくありません。

久しぶりにボンカレーを食べたくなりました。
ただ、ボンカレーのシリーズで私の好みの製品は、松山容子パッケージのものなのですが、残念なことに地元(静岡県富士宮市)のスーパーでは販売されていません。

大塚食品の公式サイトで注文する手はありますが、そこまでして食べたいかというと、よく分かりません。

放送大学について調査

2014年11月27日(木)と翌28日(金)、放送大学について調査しました。

携帯電話を学割で利用する方法について確認しようと思ったのが切っ掛けでしたが、ドコモなどの携帯電話キャリアの「学割」制度については確認せず、放送大学の入学料や授業料、学士の学位取得に必要な単位数を調べてました。

調査した内容の一部は、サイト「生活の技術」内の 放送大学 のページで公開しました。

学割については、もう少し調査してから収集した情報を整理し、上述のページに記述を追加するつもりです。

私自身は、既に大学を卒業しており、学位を取得する目的で放送大学に入学する意味はありません。

入学するとしたら「学割」利用目的です。

以前は、学習目的で開発ツール「Visual Studio」を入手する目的で、マイクロソフトの「学生向け DreamSpark」を利用する方法が魅力的でした。

でも、個人開発者が無料で利用できる「Visual Studio Community 2013」が登場した現在、多くの趣味プログラマーにとって、DreamSpark の魅力は小さくなりました。

海外旅行をする人なら、放送大学入学後に国際学生証を作っておくと、ホテル、鉄道、バスなどが割引になる場合があるので、行き先によっては利用価値大かもしれません。

なお、卒業を目的とせず、放送大学に在学するだけなら、放送授業(2単位)を 1科目だけ受講するのが良さそうです。
現時点で、放送授業(2単位)の授業料は、1万1000円。
2年に 1度の履修登録の際、放送授業を 1科目だけ登録すれば、1年あたりの授業料は 5500円となります。

入学料は 10年間有効なので、10年間在学の場合、必要な学費は、入学料 2万4000円と授業料 5万5000円(1万1000円×5)で、合計 7万9000円、1年あたり 7900円です。

休学を上手に利用すれば、合計 7万9000円の学費で在籍期間を 14年にすることができます。
この場合、1年あたりの費用は 5650円弱。

他に、学生証(有効期限 2年)を受け取るための費用がかかります。

学費(入学料+授業料)よりも大きな学割メリットを享受することは、不可能ではありません。

ただ、手間をかけて実践する価値があるかどうかは、ライフスタイルによるでしょう。

原油が一時、60ドル台に

2014年11月27日のニューヨーク市場の時間外取引で、原油が一時、60ドル台に下げました。

石油輸出国機構(OPEC)が 11月27日、ウィーンの本部で行われた総会で減産見送りを決めた影響で、原油相場が急落しました。

近頃、新興国や欧州の景気減速で原油需要が減少している一方、シェールオイルの増産により、供給過剰感があります。

原油安が長期化する可能性もあります。

私の地元(静岡県富士宮市)の郊外は、自宅に自動車がないと暮らしにくいので、レギュラーガソリンの販売価格が安い方が助かります。

現在、地元での相場は 150円台が主流と思われますが、消費者の立場では、1リットルあたり 100円未満になると非常にありがたいです。

自動車のタイヤに空気

近頃、気のせいか、自宅にある車のタイヤがへこんできたようです。
特に凹みを感じたのは、妻の車と私の車の 2台。

パンクではなく、空気圧が低くなっている状態です。

自宅にコンプレッサーはありますが、エアゲージがないので、自宅で空気圧を計測することは出来ません。
そこで、2014年11月27日(木)、地元(静岡県富士宮市)のガソリンスタンドに行き、タイヤに空気を補充してもらいました。

午前と午後で別のガソリンスタンドを利用し、午前中は妻の車のタイヤに、午後は私の車のタイヤに空気を入れてもらいました。

ちなみに、2つのスタンドの販売価格には開きがあり、レギュラーガソリンの 1リットル当たりの値段は 8円も違ってました。

多少の金額差は仕方ないですが、やはり 8円の差は大きいと感じます。

多分、今後は安かった方のガソリンスタンドを主に使うことになるはずです。

ドルトムント、アーセナルに敗北

チャンピオンズリーグ(CL)グループD第5節「アーセナル‐ドルトムント」戦が 2014年11月26日(日本時間では 27日)に行われ、ホームのアーセナルFC(以下、アーセナル)が「2‐0」でボルシア・ドルトムント(以下、ドルトムント)に勝ちました。

ドルトムントの香川真司選手(以下、敬称略)はベンチスタートで、後半16分から途中出場しました。

試合は、前半2分にアーセナルの FWヤヤ・サノゴが得点。
後半12分には、アーセナルの FWアレクシス・サンチェスの右足ミドルシュートが決まりました。

後半16分、ドルトムントは一度に 2人交代。
FWチーロ・インモービレに代えて香川、FWピエール・エメリク・オーバメヤンに代えて FWアドリアン・ラモスを投入しましたが、試合の流れは変わりませんでした。

ドルトムントは、今季の CLで初の敗北を喫し、4勝1敗。
アーセナルは、3勝1分1敗の勝ち点 10 となり、グループリーグ突破を決めました。

グループD最終節でドルトムントは、アンデルレヒト(ベルギー)と対戦します。
アンデルレヒトに快勝して、グループリーグを 1位で突破してほしいです。

日本バスケットボール協会に資格停止処分

国際バスケットボール連盟(FIBA)が 2014年11月26日、日本バスケットボール協会に対する無期限の資格停止処分を発表しました。

FIBAは、以前から日本バスケットボール協会に対し、ナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)と bjリーグの統合などの改革を求めていましたが、FIBA の提示した期限(2014年10月末)までにリーグ統合の合意がなされなかったため、今回の資格停止処分が下されました。

資格停止の間、全ての世代のバスケットボール日本代表は、男女とも国際試合に出場できなくなります。
資格停止が長引けば、2015年に開催予定のリオデジャネイロ五輪予選に日本代表が出場できなくなるかもしれません。

立場の違いもあり、リーグを統合することが簡単ではないことは、部外者の私にも想像できますが、日本代表チームが国際試合に出場できなくなるのでは、代表レベルの選手たちが気の毒です。

第65回 NHK紅白歌合戦の出場歌手、発表

NHK が 2014年11月26日(水)の午後、「第65回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手 51組を正式発表しました。

最多出場は五木ひろしで、44回目。
最多出場は森進一で、47回目。

また、中島みゆきが 12年ぶり 2度目の出場を決めました。
中島みゆきは、2014年度の下半期の NHK連続テレビ小説「マッサン」の主題歌「麦の唄」を歌っています。

連続テレビ小説(以下、朝ドラ)関係では他に、2013年度上半期の朝ドラ「あまちゃん」に女優役で出演していた薬師丸ひろ子が、歌手として初出場することが決まりました。

中島みゆきが紅白歌合戦に初出場したときは、NHKのテレビ番組「プロジェクトX」の主題歌「地上の星」を歌いました。

私は、その年(2002年)の第53回 NHK紅白歌合戦で、中島みゆきが富山・黒部ダムからの中継出演していた場面を覚えています。

2003年と 2004年の紅白歌合戦(以下、紅白)も見ました。
2003年の方は記憶にありませんが、2004年の方が部分的に覚えています。

2005年以降は積極的には紅白を見ないようになり、家族と一緒に部分的に紅白を見たことはありますが、番組を最初から最後まで見ることはなくなりました。

今年(2014年)の紅白については、中島みゆきと薬師丸ひろ子の歌う場面は見たいと思います。

東京電力の富士支社窓口閉店

今日(2014年11月26日)の 13時半頃、父と一緒に帰宅した母が、私に 2枚の紙を手渡しました。

1枚は 11月分の「電気ご使用量のお知らせ」で、もう 1枚は「富士支社窓口閉店のお知らせ」と題した文書。

今日の午前中か昼過ぎ、東京電力の検針員が我が家の郵便受けに入れたようです。

電気使用料の方は、見慣れた書式の用紙で、金額を確認後、私が所定の場所に保管しています。

「富士支社窓口閉店のお知らせ」の方は、東京電力株式会社の沼津支店の名前入りの文書で、富士支社における電気料金支払い窓口が 2014年12月26日(金)16時をもって閉店になることを告知する内容です。

我が家では電気料金をクレジットカード払いにしており、富士支社の料金支払い窓口を利用したことはないので、今回の閉店による影響はないはずです。

なお、東京電力の Webサイトで確認してみたところ、電気工事店向けの「電設窓口」及び「高圧・特別高圧窓口」については、今回は現状維持でした。

ただ、伊東営業センターと下田営業センターでは、今年(2014年)の 12月19日(金)16時をもって電設窓口を廃止する旨の記述がありましたので、先のことは分かりません。

ミラン、インテルと引き分け

セリエA第12節「ACミラン‐インテル・ミラノ」戦が 2014年11月23日(日本時間では 24日)に行われ、「1-1」の引き分けでした。

両チームの試合は「ミラノ・ダービー」と言われる伝統の一戦。
ACミラン(以下、ミラン)のフィリッポ・インザーギ監督(以下、敬称略)指揮下では初めてのミラノ・ダービーです。

ミランの FW本田圭佑は後半28分から途中出場し、インテル・ミラノ(以下、インテル)の DF長友佑都は右SB でフル出場し、ミラノ・ダービーでの初の日本人対決が実現しました。

試合は前半23分、ミランがジェレミー・メネズの左足シュートで先制。

後半16分、インテルの MFジョエル・オビの得点で同点に。

後半28分、ミランは 1トップでプレーしていた FWフェルナンド・トーレスに代えて本田を起用。
本田は右サイドでプレーし、後半31分に左足シュートを放つなど、攻撃陣の中心で活躍しましたが、得点はできませんでした。

ミランは、2試合連続の引き分けで、直近のリーグ戦 5試合の戦績は 4分1敗。
12試合を終えて、4勝6分2敗で 7位です。

負けの数が少ないのは良いですが、順位を上げるためには勝ち星を増やす必要があります。

インテルは、12試合を終えて、4勝5分3敗で 9位。

CL出場権を得ることができるのは、リーグ戦 3位まで。
現時点で 3位のナポリは、6勝4分2敗。

数字の上では、まだミランにも CL出場権獲得の希望はあります。

そろそろ、本田が得点してミランが勝つ試合を見たいものです。