自動車保険を更新 2015/02/28

2015年2月28日、主に妻が使用している乗用車の自動車保険を更新しました。

保険会社の Webサイトで契約更新の手続きを行う際、前回更新時に入力した走行距離と今回の走行距離を比べてみたところ、この 1年間で 4000キロメートル未満だったことが分かりました。

ネットで検索してみたところ、平成16年度の自家用乗用車の年間平均走行距離は 1万キロメートル以上でした。

11年前のデータとはいえ、年間平均走行距離の値が激変しているとは思えません。
多分、年間で 4000キロメートルは少ない方でしょう。

なお、家庭の事情により、この先 1年間に妻が自動車を走らせる距離は前の 1年間よりも少なくなる見込みです。

現在、我が家では大人一人に付き車一台を保有してますが、車の台数を減らす方がよいかもしれません。

レナード・ニモイ 死去

「スタートレック」のスポック役などで知られる俳優レナード・ニモイ(以下、敬称略)が、2015年2月27日に慢性閉塞性肺疾患(COPD)のため死去しました。83歳。

レナード・ニモイ(Leonard Nimoy)は、1931年3月26日に米国マサチューセッツ州ボストンで生まれ、ボストンカレッジ中退後に俳優となりました。
1952年の映画「Kid Monk Baroni」に主演しているそうです。

レナード・ニモイは多くの TVドラマや映画に出演していますが、特に「スタートレック」シリーズのスポック役で有名です。
ニモイは、シリーズ第1作で 1966年~1969年に放送された SFテレビドラマ「Star Trek」(邦題: 宇宙大作戦)に宇宙船エンタープライズ号の副長兼科学主任のスポック役で出演し、映画の「スタートレック」シリーズにも同じ役で出演しています。

また、映画監督でもあり、「スタートレック」シリーズの映画の第3作と第4作を監督しています。
「スタートレック」シリーズ以外では、1987年の映画「スリーメン&ベビー」(Three Men and a Baby)を監督しています。

なお、日本のテレビで放送された「宇宙大作戦」は放送時間の都合で少しカットされているそうです。
いつかはノーカット版を観たいものです。

仕事待ち

2015年2月27日(金)の午前10時過ぎの時点で、私は仕事待ちです。
先週あたりから、派遣会社からの連絡を待ちながら、基本的には在宅で作業しています。

今はプログラミング関連の学習が日課で、ここ数日は Windows上でのゲームプログラム作成についての本を少しずつ読んでいます。

今日から、Visual C++ を使い、短めのコードを入力して、動作確認しながら知識を深めていこうと思います。

私がプログラマーとして再就職できるかどうかは分かりませんが、プログラミング技術を高めておくのは無駄にはならないことでしょう。

ただ、仕事待ちの状況を長く続けるのは好ましくありません。

今後の状況によっては、プログラマー以外の仕事を探すことになりそうです。
改めて、自分自身で起業することも考えてみることにします。

Googleが DQNを開発

米グーグル(Google)が人口知能(AI)「DQN」を開発したことが報じられました。

「DQN」は、「Deep Q-Network」の略。
スペースインベーダーやブロック崩しなどのゲームをプレーさせると、深層学習(ディープラーニング)によって攻略法を編み出すのだそうです。

コンピュータの発達によって人間が不要になった状況が SF映画などで描かれることは珍しくないですが、将来、本当に実現する日が来るのかもしれません。

なお、日本では、DQN は「粗暴そうな風貌で、知性や知識が乏しく非常識な人間」を指すインターネットスラングです。

日本人の感覚では、DQN という名前と人工知能の組み合わせは似合わないですが、覚えやすい名前であることは確かです。

人工知能の DQN については、2015年2月26日付けの英国の学術雑誌「Nature(ネイチャー)」の電子版で発表されるそうです。
AI に興味のある人は、読んでみるのもよいかもしれません。

ネスレ日本、コーヒー 20%値上げ 2015年4月から

ネスレ日本が湯で溶けるタイプのコーヒーを 2015年4月から約20%値上げすることが、2015年2月25日(水)に報じられました。

家庭用と業務用の両方で 4月1日納品分から値上げとのことで、値上げ幅は約17%から約21%だそうです。

値上げの理由としては、コーヒー豆の収穫量減少や円安の影響が挙げられています。

我が家で日常的にコーヒーを飲む習慣があるのは私だけですが、私はインスタントコーヒーを 1日に 5杯くらい飲むので、値上げは嬉しくありません。

レギュラーコーヒーにすることも検討しましたが、インスタントよりもコストパフォーマンスが良いかというと、微妙です。

コーヒーをいれる手間を考えると、味や香りの差を重視しない日にとってはインスタントの圧勝でしょう。

飲む回数を減らすというのも有力ですが、この案は採用したくありません。

所得を増やす方向で努力したいものです。

ドルトムント、ユヴェントスに敵地で敗北 CL

サッカー日本代表の香川真司選手(以下、敬称略)が所属するボルシア・ドルトムント(以下、ドルトムント)が 2015年2月24日(日本時間では 25日)、敵地で行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント 1回戦第1戦の「ユヴェントス」戦に「1-2」で敗北しました。

香川はベンチ入りしてましたが、試合には出場せず、出番は試合後のインタビューのときだけでした。

試合は、前半13分にカルロス・テベスのゴールでユヴェントスが先制。

その 5分後の前半18分、ドルトムントの MFマルコ・ロイスが、相手DFジョルジョ・キエッリーニが滑って転倒した好機に同点ゴール。

しかし、前半42分にユヴェントスのアルバロ・モラタが得点し、その後、ドルトムントは追いつくことが出来ませんでした。

1回戦第2戦は、3月18日にドルトムントの本拠地で行われます。
次はドルトムントが 2点差以上で勝つことを期待しています。

確定申告書作成 2015/02/24

2015年2月24日(火)の午後、国税庁のサイトの「確定申告書等作成コーナー」を利用して、父の平成26年(2014年)分の確定申告書を作成しました。

これまで、私の分は国税庁のサイトで作成していましたが、父の分は確定申告書の用紙に手書きしていました。
手書きで満足していたわけではなく、数年前に「確定申告書等作成コーナー」の利用を試みたこともありましたが、そのときは途中で挫折しました。

青色申告決算書の減価償却の部分で、「均等償却」の入力でつまづいたと記憶しています。

今回は途中で挫折することなく、無事に青色申告決算書を作成・印刷できました。
その後、「確定申告書等作成コーナー」を利用しての作業を続け、父の分の確定申告書類一式を作成・印刷できました。

今回は下書きを用意してから作業しましたが、やり方は分かったので、来年は下書きなしで作業できそうです。

富士山の日 2015

今日(2015年2月23日)は、「富士山の日」。

Wikipedia によると、2月23日を「富士山の日」としたのは、1996年1月1日にパソコン通信「NIFTY-Serve」内のフォーラム「山の展望と地図のフォーラム(FYAMAP)」が制定したのが起源。
地方自治体では、山梨県河口湖町が 2001年12月に 2月23日を富士山の日と決め、静岡県が 2009年に県条例で富士山の日を制定しています。

なお、川勝(かわかつ)静岡県知事の意向により、静岡県の県立高校は「富士山の日」が休みとなっています。
また、静岡県内では、三島市、沼津市、富士宮市、西伊豆町が、「富士山の日」を市立(または町立)の小中学校の休業日としています。

私の子ども達は富士宮市立の小学校に通っているので、今日は休み。
午後、自宅から少し離れた場所にある広場に車で行き、子ども達と一緒に 1時間ほど遊んできました。

曇っていて、富士山の大部分が雲に隠れていたのが残念でしたが、子ども達は楽しかったようです。

プレミア最強発言翌日に敗北

マンチェスター・ユナイテッド(マンU)が 2015年2月21日、敵地で行われた英プレミアリーグ第26節の「スウォンジー・シティ」戦で、「1-2」で負けました。

マンチェスター・ユナイテッド(以下、ユナイテッド)は今季プレミアリーグ初戦でスウォンジー・シティ(以下、スウォンジー)に敗れており、スウォンジーに対して 2連敗。
プレミアリーグでユナイテッドがスウォンジーにホームと敵地の両方で負けたシーズンは、これまでなかったそうです。

試合は、前半28分にユナイテッドが先制しましたが、2分後に同点。

後半28分、スウォンジーの MFジョンジョ・シェルビーのミドルシュートがスウォンジーの FWバフェティンビ・ゴミスに当たって軌道が変わり、ユナイテッドの GKダビド・デ・ヘアが反応できず、スウォンジーが逆転しました。

試合前日の会見で、ユナイテッドのファン・ハール監督は「我々はリーグ最高のクラブだ」という意味の発言を行いましたが、今回は残念な結果となりました。

ただ、今シーズンのユナイテッドは、リーグ第5節を終えた時点では 1勝2分2敗でしたが、その後は持ち直し、第25節の終了時点では第3位。
最強とは思えませんが、まずまずの成績です。

今回の敗戦により、順位は暫定 4位。
22日の他チームの結果によっては 5位転落もありえるとはいえ、今季の最終節を終えた時点で CL の出場権を獲得できる可能性は小さくありません。

来シーズンの CL でユナイテッドとボルシア・ドルトムントの対戦が実現することを期待しています。

ドルトムント、今季初の 3連勝

サッカー日本代表の香川真司選手(以下、敬称略)が所属するボルシア・ドルトムント(以下、ドルトムント)が 2015年2月20日(日本時間では 21日)、敵地で行われたブンデスリーガ第22節で「シュトゥットガルト」と対戦し、「3-2」で勝利しました。
シュトゥットガルトには日本代表DFの酒井高徳が所属しています。

香川と酒井はともに先発し、香川は後半24分まで出場、酒井はフル出場でした。

香川は、ドルトムントの最初の 2得点に絡む活躍。

1点目は、前半25分、ドルブルで中央突破した MFマルコ・ロイスが、走りこんできた香川にパスを出し、香川がワンタッチで斜め前に出したボールを FWピエール・エメリク・オバメヤンがシュートしたもので、香川にアシストが付きました。

2点目は、前半39分、ロイスからの横パスを香川がヒールパスし、MFイルカイ・ギュンドアンが右足で決めました。
2点目もアシストのように見えましたが、ブンデスリーガ公式サイトの試合データでは 1得点目だけがアシストとなってました。

ドルトムントは今季初の 3連勝で、7勝11敗4分の勝ち点25となり、順位は暫定10位。
シュトゥットガルトは、4勝12敗6分の勝ち点18となり、順位は 18位(最下位)。

香川は復調してきた様子で、ロイスやオバメヤン、ギュンドアンらとの連携が良くなっています。

香川の得点を見たいものですが、このまま出場を続けていれば、そのうちにゴールを決めることと思います。