日本、ウズベキスタンに 5-1

サッカー日本代表が 2015年3月31日(火)、国際親善試合のウズベキスタンに「5-1」で勝ちました。

日本のフォーメーションは、27日のチュニジア戦と同じ「4-2-3-1」でしたが、先発はチュニジア戦から総入れ替えで、ワントップに岡崎慎司(敬称略)が入り、2列目は左から「乾貴士、香川真司、本田圭佑」の並びです。

試合は、前半6分に MF青山敏弘のミドルシュートで日本が先制し、「1-0」のまま前半終了。

後半開始時、DF内田篤人に代えて太田宏介、MF今野泰幸に代えて水本裕貴が出場。
左SBの酒井高徳が内田のいた右SBに入り、太田が左SBに。

後半9分、太田のクロスを岡崎がヘディングして得点。

後半18分、乾に代えて宇佐美貴史が投入されました。
後半24分には香川に代えて柴崎岳、後半27分には本田に代えて大迫勇也が出場。

この時点で、チュニジア戦とウズベキスタン戦の 2試合で GK以外の全選手 25人が出場しました。

その後、後半35分に柴崎のロングシュートで 3点目。

後半37分に 1点返されましたが、後半38分に宇佐美が得点、後半45分に川又が得点しました。

なお、青山、宇佐美、川又の 3人が A代表での初ゴールです。

この試合で最も印象的だったのは、柴崎の得点の場面です。
柴崎は、飛び出してきた相手GKの頭上を越えるロングシュートを放ち、岡崎がボールの後を追いました。
岡崎が得点することも出来た状況でしたが、岡崎は「後方からボールを追ってくる相手選手」からボールを守り、柴崎に得点させました。

点差がある試合だから出来たことかもしれませんが、このプレーには岡崎の人柄の良さを感じました。

タイガー・ウッズ、ランキング100位圏外に

ゴルフのタイガー・ウッズ選手(以下、敬称略)が、2015年3月29日付けの世界ランキングで 104位(前週は 96位)となりました。

ウッズは、1996年8月27日にプロ転向し、1997年4月13日に史上最年少の 21歳3ヶ月でマスターズに優勝。
1997年6月に世界ランキング1位になりました。

ウッズは、2009年11月のスキャンダル以降、プレーに精彩を欠くことが多く、世界ランキングの順位も落ちていましたが、100位より下の順位になったのは、1997年6月に 1位になって以降、今回が初めて。

タイガー・ウッズは、1975年12月30日の 39歳。
年齢的にはスポーツ選手として老けこむには早いですが、腰と膝を手術しており、完全復活は難しいのかもしれません。

エッフェル塔 完成126周年

Google日本語版トップページに 2015年3月31日(火)、エッフェル塔の完成126周年にちなんだロゴ画像が表示されました。

エッフェル塔は、フランスの首都パリにある塔で、1889年にパリで行われた第4回万国博覧会のために建設され、1989年3月31日に完成。
建設当時の高さは 312.3mで、世界一高い建造物でしたが、1930年、米国のニューヨーク市マンハッタン区にあるクライスラービルに高さで抜かれました。

その後、エッフェル塔よりも高い建造物が数多く作られましたが、現在でもエッフェル塔はパリの代表的な観光名所の一つとなっています。

今回の Googleのロゴ画像は、エッフェル塔を建てる作業の様子を描く内容のもので、画像をクリックするとキーワード「エッフェル塔」の検索結果が表示されます。
ロゴ画像がアニメーション仕立てになっていなかったのは、少し残念。

買い物を取りやめ 2015/03/30

2015年3月30日(月)の午後に妻子連れでイオンに買い物に行く予定でしたが、妻の体調不良のため、買い物を取りやめました。

医師の診察の結果、幸い、大したことはないようで、妻も私も安心しました。

春休みのうちに子ども達のために買っておきたい物があるので、数日後にイオンに行くつもりです。

黒田博樹、日本で 8年ぶり勝利

大リーグのニューヨーク・ヤンキースから 8年ぶりに復帰した広島東洋カープの黒田博樹投手(以下、敬称略)が 2015年3月29日(日)、本拠地(マツダスタジアム)での東京ヤクルトスワローズ戦に登板しました。

黒田は 7回96球を投げ、無失点(被安打5、5奪三振、1四球)。
また、黒田は 4回裏 2死1塁の場面で右翼線を破る二塁打を打っています。

試合は広島が「2-1」で勝ち、黒田が勝利投手になりました。
プロ野球公式戦での黒田の勝利は、2007年9月27日のヤクルト戦以来。

150km/h以上の直球とフォークが主武器だった黒田は、メジャー移籍の頃からツーシーム系主体の投球スタイルに変わりましたが、好投手であることに変わりはなく、2014年のシーズン終了後にメジャーの複数の球団から高額オファーがあったことが報じられたことがあります。

今季、広島以外のセリーグの球団は、黒田攻略に苦労しそうです。

サッカー日本代表、チュニジアに勝利

サッカー日本代表が 2015年3月27日(金)、親善試合でチュニジア代表と対戦しました。

この試合は、ハリルホジッチ監督(以下、敬称略)就任後の初めての「国際Aマッチ」。
1992年5月から 1993年10月まで日本代表を率いたオフト監督以降、延べ 11人の監督(岡田は 2度)が A代表を率いていますが、「初陣」での勝利は、トルシエ、オシム、ザッケローニに次いで、ハリルホジッチ監督が 4人目です。

この試合、フォーメーションは、W杯ブラジル大会でも使用された「4-2-3-1」ですが、ブラジル大会からの主力メンバーで先発出場したのは、長谷部誠(フランクフルト)と吉田麻也(サウサンプトン)の 2人くらい。

前線は、初代表の川又堅碁(名古屋)がワントップに入り、2列目に左から武藤嘉紀(FC東京)・清武弘嗣(ハノーファー)・永井謙佑(名古屋)が並ぶという新鮮な布陣でした。

0-0の後半15分で、清武に代えて香川真司(ドルトムント)、永井に代えて本田圭佑(ACミラン)が出場。
後半27分、川又に代えて岡崎慎司(マインツ)、武藤に代えて宇佐美貴史(G大阪)が入りました。

後半33分、香川起点で、左サイドにいた本田が上げたクロスを岡崎がヘディングでゴール。

後半38分には、岡崎からのボールを受けた香川がシュートした後、こぼれ球を本田が決め、日本 2点リードに。

結果的に得点に絡んだのは本田・香川・岡崎でしたが、新戦力の選手たちのプレーも良かったと思います。

後半44分、香川のスルーパスを受けた宇佐美が相手GK と一対一になる場面がありました。
ゴール右隅を狙った宇佐美の右足シュートはポストに阻まれましたが、香川と宇佐美の連携は、日本代表の武器になるかもしれません。

古河太四郎 生誕170周年

Google日本語版トップページに 2015年3月27日(金)、古河太四郎の生誕170周年を記念する内容のロゴ画像が表示されました。

古河太四郎(ふるかわ たしろう)は、京都盲唖院(後の京都府立盲学校・京都府立聾学校)を創設した教育者で、弘化2年2月20日(1845年3月27日)に生まれ、明治40年(1907年)12月26日に死去。
日本初の手話の考案者でもあるそうです。

今回のロゴ画像をクリックすると、手話のアニメーションが表示されます。

私は古河太四郎という人について何も知らなかったのですが、Googleのロゴで取り上げられたおかげで、勉強になりました。

久々に渋滞を体験 2015/03/26

2015年3月26日(木)の午前8時45分頃、自動車で静岡県道396号富士由比線(旧国道1号)の橋下(はしした)から富士川橋に移動中、久々に渋滞を体験しました。

この日は静岡駅近くに用事があり、午前9時50分頃までに JR静岡駅に着いていたかったので、渋滞を認識したときには遅刻を覚悟しました。

幸い、車の流れが完全に止まったわけではなく、車を少しずつ移動させることが出来、富士川橋の辺りで渋滞解消した後は JR富士川駅まで問題ありませんでした。

富士川駅への到着は、私の予定よりも 10分ほど遅くなりました。

駅の時刻表を確認したところ、静岡駅方面への次の電車の発車時刻まで約3分。
自販機で切符を購入し、急ぎ足で下りのホームに向かった結果、発車の 10秒ほど前に乗車できました。

なんとか、午前9時50分頃までに JR静岡駅に到着できましたが、危ないところでした。

次は渋滞のリスクを考慮し、早めに出発しようと思います。

職探し 2015/03/24

2015年3月24日(火)、私は職探しに多くの時間を割きました。

今年(2015年1月)の正月に再就職を決意して以降、職探しを続けていますが、2ヶ月半以上が過ぎてても、まだ仕事が決まりません。

派遣やアルバイトの求人は、それなりに多くあり、選り好みしなければ短期間で決まるのかもしれませんが、これまでは好条件の案件にこだわっていましたが、今後、通勤時間が片道 20分以内の案件については、少し条件を下げようと思います。

これまで、時給 1200円未満の案件は無条件にカットしてましたが、今後は時給 1000円以上なら考慮対象に入れるこちにしました。
ただし、仕事内容と報酬が見合わない案件に応募する気はありません。

早急に勤務開始しなければ困るという状況ではありませんが、現時点では 2015年4月1日の勤務開始を目標にしています。

VB を約十年ぶりに使用

2015年3月23日(日)の 14時過ぎ、「Microsoft Visual Studio Community 2013」を起動し、VisualBasic (以下、VB)で新規プロジェクトを作成してみました。

私が VB を本気で使うのは約十年ぶり。
私が仕事で最後に使った VB のバージョンは「VB 6」で、VB が「.NET」言語になって以降に使うのは今回が初めてです。

すっかり使い方を忘れてしまっていたので、Google で「VB 入門」系のサイトを検索し、IDE画面の操作を 30分ほど再学習しました。

その後、私が個人的に作ってみたいツールを VB で作成する場合について、検討してみました。

VB で作ることもできますが、Microsoft Office Access(マイクロソフト・オフィス・アクセス)を利用し、Access の VBA でコードを書く方が良さそうな気がしてきました。

また、現時点で私が作成したいツールは、今の私が短期間で作るには難易度が高く、開発に 30時間くらいかかるかもしれず、手始めの学習目的で作るには向きません。

とりあえず、VB で短いコードを書いて、いろいろ実験してみることにしました。