バイエルン、開幕10連勝でストップ

2015年10月30日(日本時間で 31日)、ブンデスリーガ第11節で FCバイエルン・ミュンヘンe.V. (以下、バイエルン)が敵地でアイントラハト・フランクフルト(以下、フランクフルト)と対戦し、「0-0」で引き分けました。
日本代表MFの長谷部誠選手(以下、敬称略)は右サイドバックとして先発フル出場。

バイエルンは今季ブンデスリーガで開幕から勝ち続けていましたが、開幕10連勝でストップとなりました。

この試合、フランクフルトは守備的な布陣で臨み、バイエルンの猛攻に耐え、得点を許しませんでした。

後半40分、バイエルンのアリエン・ロッベンがダイブで PK を奪おうとして失敗し、審判からイエローカードを出されてました。
よくダイブする選手として知られているロッベンですが、怪我明けしたばかりのせいか、今回のダイブは巧さが足りない印象です。

時刻表が Googleロゴに

Google日本語版トップページに 2015年10月5日(月)、「日本初の時刻表 出版 121 周年」にちなんだロゴ画像が表示されてました。
画像をクリックすると、キーワード「時刻表記念日」の検索結果が表示されます。

なお、ロゴ画像は本物の時刻表ではなく、駅名は「足柄山」「竜宮城」「月の都」など、日本の昔話や童話にちなんだものになっています。
各列車は、始発駅が「みやこ」で終着駅が「隠れ里」もしくは「月の海」。
また、列車名には「ぶんぶく」「こぶとり」などが採用されています。

なお、時刻表をよく見ると、18時発の「うさぎ14号」が 17時30分発の「かめ12号」を一時的に追い越していますが、終着駅では逆転されています。
昔話の「うさぎとかめ」の物語を踏襲しているのが面白いと感じました。

イチロー、メジャー初登板

マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2015年10月4日(日本時間で 5時)、フィラデルフィアで行なわれたフィリーズ戦に 4番手投手として登板しました。
イチローは高校3年の春に愛工大名電の投手として甲子園に出場していますが、同校在学中の交通事故(自転車通学時に自動車と接触)による負傷後に野手に転向。
1996年のプロ野球オールスター戦の第2戦に投手として登板してことはありましたが、メジャーでの登板は今回が初めて。

この試合、イチローは 3回の守備からライトで出場し、8回に登板。
打者5人に対して 18球を投げ、2被安打 1失点。
球速は最高で 89マイル(約143キロ)でした。

試合は「6-2」でフィリーズが勝ちました。

なお、この試合は今シーズンの最終戦。
イチローは今シーズン、153試合に出場し、398打数 91安打 1本塁打 21打点 11盗塁、打率 2割2分9厘。
メジャー移籍後、自己最低の打率に終わりました。

イチローの MLB通算安打は 2935安打で、ハリー・ボンズと並ぶ歴代33位タイ。
来シーズンに 3000安打を達成することを期待しています。

それにしても、40歳を過ぎた野手が 143キロの速球を投げることが出来るのは凄い!
若い頃に投手として本気でトレーニングしていたとしたら、150キロ近辺の速球を投げていたかもしれません。