うるう年 2016

Google日本語版トップページに 2016年2月29日(月)、うるう年を記念するロゴ画像が表示されました。

2匹のウサギが並んで眠っている絵柄で、ウサギのボディには 28 と 1 の番号が入っています。

画像中央に再生ボタンが描かれていて、画像をクリックすると、29 の番号が付いたウサギが画像の向かって右側からジャンプしてきて、元からいたウサギの間に割り込んで眠ります。

なお、次の閏年(うるうどし)は 4年後の 2020年で、東京オリンピック・パラリンピックが予定されています。

私の血圧

私は 2016年1月9日(土)から今日(2016年2月27日)まで、基本的に午前と午後に各1回、自身の血圧を測定しています。

当初は親の保有する血圧計を利用していましたが、1月16日にネットで血圧計を注文し、翌17日の午後からは新しい血圧計で測定しています。

母の血圧計と私の血圧計では、私の血圧計で測定した方が高い値が出る傾向があり、2016年1月17日以降、私の高血圧への危機意識は強くなりました。

血圧の値は二種類あり、上の方が収縮期血圧(最高血圧)、下の方が拡張期血圧(最低血圧)です。

収縮期血圧とは「心臓が収縮して血液を送り出すときの血圧」のことで、拡張期血圧とは「心臓が拡張して、全身を巡ってきた血液が心臓に戻ったときの血圧」のことです。

私の場合、上は 140~159 の範囲内、下は 90~99 の値になることが多く、日本高血圧学会による高血圧の基準値では「Ⅰ度(軽症)高血圧」です。

ただし、日によっては「正常高値血圧」か「Ⅱ度(中等症)高血圧」となる場合もあります。

当面の目標は、「正常高値血圧」で安定することです。

なお、日本高血圧学会によれば、家庭血圧は 135/85 mmHg以上は治療対象で、125/75 mmHg未満が正常血圧なのだそうです。

今年(2016年)のうちに正常血圧での安定を実現させたいものです。

個人事業の廃業手続き

2016年2月26日(金)の午前中、親戚の人から個人事業の廃業手続きについて訊かれました。
法人成りではなく、事業不振による廃業。

個人事業主が廃業する場合、所轄税務署と管轄の都道府県税事務所に廃業の届け出を行う必要があります。

廃業してから 1ヶ月以内に、税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出します。

青色申告の場合は「青色申告の取りやめ届出書」を提出する必要がありますし、専従者や従業員に給与を支払っている場合は「給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書」を提出します。

また、消費税の課税事業者の場合、「事業廃止届出書」の提出も必要です。

親戚の人には今回、税務署等に廃業の届出を行うことを教えたうえで、詳しいことは富士税務署と富士財務事務所に電話で問い合わせるように言いました。

妻の二度目の給料日

2016年2月25日(木)は、妻を青色事業専従者にしてから二度目の給料日でした。

私の事業用の銀行口座から妻の口座に振込するのは手数料がかかるので、給料日には妻の通帳を借り、ATM で現金を妻の口座に預け入れしています。

こうすることによって振込手数料を節約できていますが、最寄りの ATM のあるところに立ち寄る必要があり、ときどき面倒に思います。

他行宛の振込手数料無料の銀行口座からネットバンキングで振込できる環境を整えておくのが良さそうです。

今のところ、住友SBIネット銀行の「定額自動入金サービス」を利用して、私の事業用の銀行口座から毎月一定額を自動的に住友SBIネット銀行の口座に入金し、そこから妻の口座に振込むのが有力。
あるいは、ソニー銀行の「おまかせ入金サービス」を利用してもよいかもしれません。

事業目的を検討中

2016年2月24日(水)現在、近日中に設立予定の法人(株式会社)の定款に記述する事業目的について検討中です。

「WEBサイトの制作、及び運営管理」を行う会社にする予定ですが、将来のことを考えると、行う可能性のありそうな事業については定款に記述しておくのが良さそうです。

とりあえず、「電子出版物の企画、制作ならびに販売」と「不動産の賃貸、管理事業」は定款に入れておくことにしました。

庭木の剪定や草刈り・草取りを定款に入れるかどうかについては、まだ決めていません。

今週中には定款の内容を決め、来月(2016年3月)上旬のうちに法人設立の登記申請を行いたいと考えています。

小規模企業共済の掛金を入金

2016年2月23日(火)の午後、小規模企業共済の掛金を引き落とし用の預金口座に入金しました。

小規模企業共済の引き落としは、月払いの場合、毎月18日(土曜・日曜・祝日の場合、翌営業日)。
私の場合、申込時に前払いした掛金が 2月分の掛金となるので、来月(2016年3月)の 18日に初回の引き落としが行なわれます。

なお、掛金の払込方法には「半年払い」と「年払い」もあり、前納分については一定割合の前納減額金が発生します。

今回、引き落とし用の預金口座には、今年の 12月分までの掛金合計を上回る金額を入金してあります。

2016年3月18日(金)までに中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)に一括納付申請書が届けば、5月から 11月までの 7ヶ月分の掛金を 4月分と一緒に前納できるはずです。

また、12月分からは掛金の払込を「年払い」にすることも考えており、一括納付申請書と一緒に「払込区分兼指定納付月変更届」も提出するかもしれません。

富士山の日 2016

今日(2016年2月23日)は、「富士山の日」。
私の地元(静岡県富士宮市)の小中学校は休校で、私の子どもたちは自宅で過ごしています。

子供が自宅にいるため、土曜日か日曜日のような気分ですが、この日は火曜日で、郵便局や銀行などは普通に営業しています。

午後、郵便局や信用金庫に行ってくるつもりです。

三浦環 生誕132周年

Google日本語版トップページに 2016年2月22日(月)、三浦環(みうら たまき)の生誕132周年を記念するロゴ画像が掲載されました。

三浦環はオペラ歌手で、1884年2月22日に生まれ、1946年5月26日に死去。
日本のオペラ歌手として初めて国際的な名声を得た人です。

プッチーニのオペラ「蝶々夫人」の蝶々さん役が当たり役で、作曲者のプッチーニからも高く評価され、2000回以上も蝶々さん役で舞台に立ったそうです。

「蝶々夫人」(マダム・バタフライ)は、米国の小説家ジョン・ルーサー・ロングの短編小説が原作で、士族の娘のヒロインと米国海軍士官の悲恋を描く内容。

今回のロゴ画像は、「蝶々夫人」をモチーフとしたもので、ロゴ画像をクリックすると、キーワード「三浦環」の検索結果が表示されます。

なお、蝶々さんのモデルについて、日本の幕末の時期に活躍した英国商人トーマス・グラバーの妻ツルが有力とされていたことから、三浦環が蝶々さんに扮した姿の銅像が長崎市のグラバー園に建っています。

仕事用のノートPC選び

2016年2月18日(木)と翌19日(金)、仕事用のノートPC選びに時間を割きました。

私はスティック型のポインティングデバイスが好みで、これまで、自腹で購入したノートPC の大部分はスティック型のポインティングデバイスを搭載したものでした。

現在の日本でスティック型のポインティングデバイスを搭載した PC といえば、トラックポイントを標準搭載したレノボの ThinkPad くらいしかありません。

なお、基本的な用途はブログ記事執筆ですが、ソフトウェア開発目的での利用も考えており、搭載メモリーは 16GB以上欲しいところです。

レノボのサイトで ThinkPad の各機種の仕様を確認したところ、私の希望する条件にも最も近いのは、ThinkPad E560 でした。

Jリーグ、EAと契約

Jリーグの公式サイトに 2016年2月18日、2016年Jリーグトップパートナー契約決定のニュースリリースが掲載されました。

Jリーグが Electronic Arts Inc. (以下、EA)とJリーグトップパートナー契約を締結することを決定したとのことです。

EAはアメリカの大手ビデオゲーム・コンピューターゲーム販売会社で、スター・ウォーズシリーズやバトルフィールドシリーズなど、様々なゲームを販売しており、同社のスポーツゲーム専門ブランド「EAスポーツ」でサッカーゲームの FIFAシリーズを販売しています。

これまで FIFAシリーズでは日本代表や Jリーグのチームを使うことができませんでしたが、今回の契約により、「FIFA17」では Jリーグのチームが登場することになりそうです。

なお、サッカー日本代表チームのライセンスは JFA(日本サッカー協会)の管理下にあるので、今回の契約によって「FIFA17」に日本代表が登場することはありません。

今後、JFA が EA と契約し、FIFAシリーズに日本代表チームが登場することを期待します。