法人用印鑑を注文

ここ数日、私は設立予定の会社の名前を考えていました。

検討の結果、2016年2月9日の午前9時頃に社名を決め、その日の午前中のうちにネットで法人用の印鑑を注文しました。

注文したのは、実印・銀行印・角印の 3本セット。

株式会社を設立するためだけなら実印を用意するだけでよいのですが、日常的な社印として角印を使うことが多いですし、実印とは別に銀行印を用意することも一般的ですので、今回は 3本セットで注文しました。

印鑑の価格は様々で、3本で十数万円のものもありますが、3本で 5000円未満のものもあります。

私は印鑑に多くのお金を使う気はないので、3本で 5000円くらいの品物を選びました。

法人用の印鑑が手元に届く前に、会社の定款を用意しておかなくては!

ドミトリ・メンデレーエフ 生誕182周年

Google日本語版トップページに 2016年2月8日(月)、ドミトリ・メンデレーエフの生誕182周年を記念するロゴ画像が表示されました。

ドミトリ・イヴァーノヴィチ・メンデレーエフ(1834年1月27日 – 1907年1月20日)はロシアの化学者で、元素の周期律表を作成したことで知られる人。
1955年には、メンデレーエフの名にちなんで、101番元素が「メンデレビウム」と命名されました。

なお、ロシア帝政時代にはユリウス暦が使用されており、1918年1月31日までユリウス暦が使わていました。
グレゴリオ暦でのドミトリ・メンデレーエフの生没は、1834年2月8日生まれで 1907年2月2日に死去。

本稿を書くにあたり、Wikipedia の記述を確認したところ、ドミトリ・メンデレーエフには意外なことに日本との関わりがありました。

ドミトリ・メンデレーエフの長男ヴラジーミルは、1891年から 1892年にかけて海軍少尉として長崎に数回寄港したことがあり、日本人のヒデシマ・タカとのあいだに娘フジをもうけ、ドミトリ・メンデレーエフがヒデシマに養育費を送っていたとのことです。

ネットで検索したところ、ヒデシマ・タカとその娘フジは 1923年9月1日に起こった関東大震災で亡くなったらしいという趣旨の記事が見つかりました。

長崎にいたヒデシマ・タカとその娘が関東地方に出ていたことについての事情は分かりません。

2016年初めての断捨離

2016年2月4日(木)の午前8時半頃から約30分間、今年初めての断捨離を行いました。

具体的には、居間兼仕事部屋に置いたままにしてあった書類を整理し、不要なもの(大部分は書き損じ)を廃棄しました。

昨年末に大掃除した際に不要書類を全て片づけたのですが、約1ヶ月間で不要書類が溜まり、見苦しい状態になってきていました。

書類整理の結果、妻が納得する程度には部屋が片付きました。

多分、この先 1ヶ月くらいは大丈夫でしょう。

断捨離の実施で気分一新。

今から本日の仕事に取り掛かります。

パソリを注文

所得税の確定申告に e-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用するため、2016年2月1日(月)の午前中、ネットでパソリを注文しました。

パソリ(PaSoRi)とは、ソニーが製造・販売している非接触型ICカードリーダー/ライター。

我が家には既にパソリがあり、Suica や WAONの残高確認、ネット通販での nanaco での決済に利用していました。
これを e-Tax で利用できれば良かったのですが、残念なことに我が家のパソリは旧機種(RC-S310)で、NFC に対応しておらず、e-Tax には使えません。

そこで、ネットで e-Tax対応の非接触型ICカードリーダー/ライターについて情報収集し、ソニーの RC-S380 という機種のパソリを買うことにしました。

ちなみに、私が注文したパソリの販売価格は、送料込み 2500円台。

確定申告書を郵送で提出し、税務署の受付印を押した申告書(控え)を返送してもらうための手間や郵便料金のことを考えると、悪くない買い物と思います。