イチロー、MLB通算2998安打に

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2016年7月28日(日本時間で 7月29日)、本拠地でのカージナルス戦に代打で出場し、MLB通算安打数を 2998としました。
打率は、3割3分5厘。

イチローはこの試合、7回 1死一塁、「5-3」で 2点ビハインドの状況で代打で登場し、一二塁間を破るライト前への二塁打を放ちました。

次打者ヘチャバリアのショートゴロで三塁走者リアルミュートがホームに帰還し、1点差に迫りましたが、追いつくことは出来ず、試合は後攻のマーリンズが「4-5」で負けました。

なお、この試合の後、マーリンズは球団公式の Twitterで、イチローが次の試合に先発出場することを明らかにしました。
次の試合は日本時間の 7月30日の午前8時過ぎに開始予定で、NHK BS1 で中継されることになっています。

イチローが一気に 3000安打に到達することを期待して、明日(2016年7月30日)は BS1 でマーリンズの試合を見ようと思います。

イチロー、5打数1安打1盗塁

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2016年7月26日(日本時間で 7月27日)、本拠地でのフィリーズ戦に「1番センター」で 5試合ぶりに先発出場し、5打数1安打1盗塁1得点し、打率を 3割3分2厘としました。

試合は、後攻のマーリンズが「5-0」で勝ちました。

イチローはこの試合、第1打席で右中間への長打性の当たりをフィリーズの右翼手ボアジャスに好捕されました。
3回1死の第2打席はセカンドゴロ、6回無死の第3打席もセカンドゴロ。
しかし、8回無死の第4打席はレフト前ヒットで出塁し、次打者の打席で二盗に成功、その後、4番スタントンのエンタイトルツーベースで本塁に帰還しました。

なお、この回のマーリンズは打者一巡し、二死満塁でイチローに打席が回りましたが、レフトへのファールフライに倒れました。

イチローの MLB通算安打は 2997本になり、3000安打まで残り 3本。
ここまでくれば時間の問題と思いますが、なるべく早く 3000安打に到達することを期待しています。

米ヤフー、ネット事業撤退

日本時間の 2016年7月25日(月)の午前中、米国のヤフー(Yahoo! Inc.)がインターネット事業から撤退すると報じられました。
インターネット検索等の中核事業を米国の大手通信事業者のベライゾン・コミュニケーションズ(Verizon Communications Inc.)に売却し、米ヤフーは投資会社として存続する模様です。
日本法人のヤフー株式会社(Yahoo Japan Corporation)の株式については、米ヤフーが保有を継続すると報じられています。

米ヤフーは、インターネット黎明期に創業した企業で、ネット検索の分野で先行していましたが、その後、Google 等の後発企業に抜かれ、業績低迷が続く状況となりました。

IT業界での時代の流れが速いのは常識ですが、米ヤフーがインターネット事業から撤退することになるとは、私は十年前には思ってもいませんでした。

イチロー、2996安打に

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2016年7月21日(日本時間で 7月22日)、敵地フィラデルフィアでのフィリーズ戦に「1番ライト」で 4試合ぶりに先発出場し、5打数2安打1三振1得点し、打率を 3割4分3厘としました。
イチローの 1試合複数安打は今季 18度目。
MLB通算安打は 2996本になりました。

試合は、先攻のマーリンズが「9-3」で勝ちました。

イチローはこの試合、第1打席は空振り三振、3回無死の第2打席はショートへの内野安打、4回2死二塁の第3打席はレフトフライ、6回1死ニ塁の第4打席はセカンドゴロ、8回1死一塁の第5打席はライト前ヒット。

イチローは 8回に出塁後、2死満塁の場面でオズナのセンター前適時打で 9点目のホームを踏みました。

3000安打まで残り 4本。
余程のことがない限り、今月(2016年7月)中に 3000安打の記録を達成しそうです。

今季のイチローの調子なら、次の先発出場の機会に 3000安打に到達する可能性もないとはいえませんが、冷静に考えると、次の次の先発試合あたりに 3000安打達成か?

イチロー、今季17度目の 1試合複数安打

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2016年7月17日(日本時間で 7月18日)、敵地セントルイスでのカージナルス戦に「1番センター」で 10試合ぶりに先発出場し、4打数3安打1四球1得点1盗塁の活躍で、打率 3割4分7厘になりました。
イチローの 1試合複数安打は今季 17度目、3安打以上は今季 5度目。
MLB通算安打は 2994本になり、3000安打まで残り 6本です。

試合は、先攻のマーリンズが「6-3」で勝ちました。

イチローはこの試合、第1打席はセンター前ヒット、3回1死の第2打席はショートゴロ、5回は先頭打者で四球、6回2死一塁の第4打席はレフトへの二塁打、8回1死二塁の第5打席はショートへの内野安打。

今月(2016年7月)中の 3000安打到達は難しくなってきたかもしれないと思っていたのですが、スタメンで固め打ちするところを見ると、あっさり達成しても不思議ではない気がしてきました。

イチロー、3000安打まで 9本に

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2016年7月15日(日本時間で 7月16日)、敵地セントルイスでのカージナルス戦に代打で出場し、センター前ヒットを放ち、打率を 3割3分9厘としました。
イチローの安打は、7月4日のメッツ戦以来、4試合ぶりで、MLB通算安打は 2991本になり、3000安打まで 9本です。

イチローはこの試合、8回表 1死無走者で 1点ビハインドの場面に、投手フェルプスの代打で 9番打者として打席に立ちました。
イチローは出塁後、次打者の打席中に牽制悪送球で二塁に進み、2番プラドのタイムリーでホームを踏み、同点に。
試合は、先攻のマーリンズが 9回に 1得点し、「7-6」で勝ちました。

このところのイチローは代打起用が多く、限られた出場機会の中で着実に 3000安打に近づいているとはいえ、安打数の伸びるペースはスローダウンしています。
今月(2016年7月)中の 3000安打到達を期待していますが、難しくなってきたかもしれません。

ご祝儀相場

2016年7月11日(月)の東京株式市場は、前日の参院選での与党の勝利を受けて、ほぼ全面高となり、ご祝儀相場という感じでした。
日経平均は 5営業日ぶりに大きく反発し、終値は前週末比 601円84銭高の 1万5708円82銭。
上げ幅は今年 4番目の大きさでした。

なお、11日の東京外国為替市場で円相場は 1円あまり下落し、1ドル=102円台を付けました。

11日の米国株式市場は続伸して始まっており、今後の状況によっては、当面、日本の株式市場は堅調かもしれません。

ただ、今回の参院選の結果は特に意外性のあるものではありませんし、日本経済を取り巻く状況が変わったわけでもありません。

今年(2016年)のうちに買っておきたい銘柄は複数ありますが、まだ買いのタイミングではないと思っています。
次に株価が急落したら、試しに少しだけ買ってみるつもりです。

学習机

2016年7月9日(土)の午後、自宅 2F に次男の学習机として木製のテーブルを置きました。

もともと、私は両親が仕事で使っていた事務用机を次男に使わせるつもりだったのですが、数週間前にサイズを測ってみたところ、階段を通れないことが判明。
次善の策として、私は組み立て式の机を購入すようと考えていました。

ところが、妻が 7月9日の午後、自宅北側の通路に何年も置いてあった木製のテーブルのことを思い出しました。
テーブルの実物を確認したところ、組み立て式で、ネジとボルトで固定してあるテーブルの足を本体から分離可能でした。

さっそく分解し、妻と私の二人で手分けしてテーブルを自宅 2F まで持ち込み、私が組み立てました。

妻が濡れ雑巾でテーブルを拭いてから次男を呼び、テーブルを見せました。

立派な学習机ではありませんが、次男は自分専用の「机」に満足した様子でした。

しばらくは次男にテーブルを学習机として使わせる予定です。

ただ、テーブルには引き出しがありません。
そのうちにデスク用ワゴンを買うことになりそうです。

七夕 2016

Google日本語版トップページに 2016年7月7日(木)、七夕にちなんだロゴ画像が掲載されました。
画像をクリックすると、キーワード「七夕 2016」の検索結果が表示されます。

かつての日本では、七夕は旧暦の 7月7日に行われましたが、明治6年(1873年)の改暦以降は、旧暦7月7日に行う地域、新暦(グレゴリオ暦)7月7日に行う地域、1ヶ月遅れの 8月7日に行う地域に分かれました。
私の地元(静岡県富士宮市)では 8月7日に七夕を行う習慣ですが、幼稚園では 7月7日に七夕のイベントを行っていたかもしれません。

七夕といえば、願い事を描いた短冊を笹に飾る風習があります。
子供の頃には私も短冊に何か書いたことがありますし、つい数年前までは、私の子供たちは幼稚園で七夕の短冊に何か書いていたはずです。

子供の頃に短冊に書いた願いについての記憶は残っておらず、私の願いがかなったかどうかは分かりません。

ただ、それなりに幸福に生きてきたと思っているので、願いはかなったと思うことにしています。

ジュノー探査機が木星に到着

Google日本語版トップページに 2016年7月5日(火)、NASAの無人探査機「ジュノー」が木星に到着したことを記念するロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像はジュノー(Juno)と米航空宇宙局(NASA)の管制室を描いたもので、画像中央部には再生ボタンが描かれており、ロゴ画像をクリックするとアニメーションが始まります。
画像を再度クリックすると、キーワード「ジュノー」の検索結果が表示されます。

ジュノーは 2011年8月5日に打ち上げられ、2016年7月4日(日本時間では 2016年7月5日)に木星上空に到達し、木星を周回する軌道に入りました。
今後、ジュノーを利用して、木星の組成、重力場、磁場、極付近の磁気圏の詳細な調査が行われるそうです。

なお、ジュノーによるの探査は 2017年10月まで行われ、探査終了後、ジュノーは帰還せず、木星へ突入して壊れる予定です。

ジュノーが木星に到着したのは米国時間では 2016年7月4日で、米国の独立記念日と重なりました。
ジュノーが予定通りに活動して成果を上げることを期待しています。