アップルウォッチ、発表

米アップルが 2015年3月9日(日本時間で 10日の午前3時頃)、アップルウォッチ(Apple Watch)の発売日や価格などを発表しました。

Apple Watchは、以前から「iWatch」の名前で噂されていた腕時計型の情報端末です。
ラインナップは 3種類で、一般向けの「Apple Watch」の他に、スポーツタイプの「Apple Watch Sport」と 18金の高級品「Apple Watch Edition」が用意されています。

なお、アップルウォッチは腕時計としても利用できますが、その真価は情報端末としての機能で、アップルウォッチ用のアプリも用意されます。
ただし、機能の大部分は iPhone との連携を前提としているので、アップルウォッチを活用するには iPhone を持つことが必須となります。

スマートフォン(スマホ)を取り出さずに時刻を確認できるのは便利ですし、腕時計で通話というのも 1度くらいは面白いと思います。
ただ、今回発表された機種のバッテリー稼働時間は 18時間で、日常的に使うなら毎日充電が必要なのが難点です。

既にソニーが似たような製品「SmartWatch 3」を発売しており、SmartWatch 3 のバッテリー使用可能時間は、通常使用時で約2日ということになっています。

太陽光か腕振りで充電できるようなスマートウォッチが登場したら、欲しくなりそうな気がします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です