キーレスエントリー バッテリー上がり

2014年1月2日(木)の 13時頃、自宅にある軽自動車を使おうとしたところ、キーレスでの解錠ができませんでした。
盗難防止のランプも付いておらず、バッテリーが上がってしまっているようです。

この車、3日前に運転したばかりで、自然放電による電池切れは考えられません。
ヘッドライトの消し忘れもありませんでした。

原因は不明ですが、半ドアによるルームランプの点灯があった可能性はあります。

妻が、キーレスエントリーのスマートキー(リモコンキー)から物理キーを出して解錠し、ドアを開けました。

ちなみに、この車の盗難防止装置は、キーレスエントリー以外で開錠すると警報がなる設定になっています。

バッテリー上がりの状態だったので警報は作動しませんでしたが、バッテリーが復活すれば警報が鳴ってしまうと思われます。

バッテリー上がりが発生した場合の対策として、ブースターケーブルを使って他のクルマから電力を分けてもらう方法があります。

自宅には複数台の車があるので、この方法を試すことも考えましたが、自宅敷地内で警報が鳴るのは近所迷惑なので、実践しませんでした。

うまい対処方法があるのかもしれませんが、私には思いつきません。

今回のバッテリー上がりについては、業者に処理を依頼することにします。

盗難防止装置については、物理キーで開錠した場合に警報を鳴らさないよう、設定変更してもらおうかな。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です