「映画/テレビ」カテゴリーアーカイブ

映画や TVドラマ等のテレビ番組について。

芳根京子、朝ドラ主演に

女優の芳根京子が 2016年度下半期の NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「べっぴんさん」に主演することが、2016年4月6日(水)に発表されました。

芳根京子(よしね きょうこ)は、東京都出身で 1997年2月28日生まれ。
2013年に女優デビューし、2014年8月に公開された映画「物置のピアノ」で映画初出演・初主演。

2015年7月17日から同年9月25日まで TBS系で 22時台に放送された「表参道高校合唱部!」で連続ドラマ初主演しました。

朝ドラでは、2014年度下半期の「花子とアン」に主人公の親友・蓮子の娘の役を演じています。

芳根京子は、2015年上半期の「まれ」以降、「あさが来た」「とと姉ちゃん」「べっぴんさん」まで朝ドラのヒロインのオーディションを受け続け、4度目でヒロインの座を射止めました。

朝ドラ「べっぴんさん」は、子供服専門店「ファミリア」の四人の創業者の一人、坂野惇子(ばんの あつこ)さんをモデルにした作品。

ちなみに、2014年度下半期の「マッサン」はニッカウヰスキー創業者夫妻がモデルで、2015年度下半期の「あさが来た」は実業家の広岡浅子がモデル。
このところ、下半期の朝ドラは実在の創業者をモデルにした作品が目立ちます。

「あさが来た」最終回を鑑賞

2016年4月2日(土)の午前8時から、NHK連続テレビ小説「あさが来た」の最終回を鑑賞しました。

私はこれまで、家族が NHK総合を選局していた場合に「あさが来た」を見たことはありましたが、自分自身の意思で積極的に鑑賞したことはありませんでした。

この日、初めて、「あさが来た」を見るためにテレビをパワーオンしました。

過去に見た朝ドラの多くと同様、最終回は無難な展開。

そのうちに「あさが来た」の再放送があると思うので、その際には録画して鑑賞してみるかもしれません。

第66回NHK紅白歌合戦、鑑賞

ここ数年、私は基本的に NHK紅白歌合戦を視聴していなかったのですが、2015年12月31日(木)の夜、自宅の居間で PC で作業中、第66回NHK紅白歌合戦(以下、紅白)を聞いてました。

紅白を視聴する気だったわけではなく、妻が居間で NHK総合にチャンネルを合わせた結果です。

基本的に楽曲の大部分は BGM として聞き流しましたが、何曲かは画面も見ながら鑑賞しました。

番組前半では、細川たかしの「心のこり」が印象に残っています。

ゲゲゲの鬼太郎

漫画家の水木しげる(敬称略)が 2015年11月30日に 93歳で死去したことを受け、追悼番組として映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」が 2015年12月4日(金)の 21時よりフジテレビ系で放送されました。

同作品は、水木しげるの漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の実写映画化の第2弾で、ウエンツ瑛士が主演。

私はこの映画を見るつもりはなく、居間で PCを使用していたのですが、子どもたちがテレビのチャンネルをフジテレビ系のテレビ静岡に合わせたため、結果的に「ながら」で映画鑑賞しました。
期待していなかったこともあり、楽しめました。

なお、私は子どもたちのために映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」を録画予約してあり、録画予約することを子どもたちに伝えてありました。

その後、次男は 22時半頃で鑑賞を切り上げて寝室に移動しましたが、長男は最後まで鑑賞してました。

多分、子どもたちは明日(12月5日)、朝寝坊することになるでしょう。

「アイアンマン」を鑑賞

2015年6月27日(土)の 21時から 23時過ぎまで、フジテレビ系の「土曜プレミアム」で放映された映画「アイアンマン」を鑑賞しました。

「アイアンマン」(Iron Man)は 2008年のアメリカ映画で、ロバート・ダウニー・Jr. 主演。

この作品は何度か地上波テレビ放映されたことがあり、私は観たことがあります。

この日、私は「アイアンマン」を鑑賞する気はなかったのですが、長男と次男が居間のテレビで「アイアンマン」を鑑賞しはじめ、私も PC で作業する合間に多くの場面を見ました。

何年か前に「アイアンマン」がテレビ放映された際、長男は興味を示さなかったのですが、今回は熱心に観てました。

「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ」というアニメにアイアンマンがレギュラーで登場しているのですが、長男はこのアニメの影響でアイアンマンを好きになったのかもしれません。

レナード・ニモイ 死去

「スタートレック」のスポック役などで知られる俳優レナード・ニモイ(以下、敬称略)が、2015年2月27日に慢性閉塞性肺疾患(COPD)のため死去しました。83歳。

レナード・ニモイ(Leonard Nimoy)は、1931年3月26日に米国マサチューセッツ州ボストンで生まれ、ボストンカレッジ中退後に俳優となりました。
1952年の映画「Kid Monk Baroni」に主演しているそうです。

レナード・ニモイは多くの TVドラマや映画に出演していますが、特に「スタートレック」シリーズのスポック役で有名です。
ニモイは、シリーズ第1作で 1966年~1969年に放送された SFテレビドラマ「Star Trek」(邦題: 宇宙大作戦)に宇宙船エンタープライズ号の副長兼科学主任のスポック役で出演し、映画の「スタートレック」シリーズにも同じ役で出演しています。

また、映画監督でもあり、「スタートレック」シリーズの映画の第3作と第4作を監督しています。
「スタートレック」シリーズ以外では、1987年の映画「スリーメン&ベビー」(Three Men and a Baby)を監督しています。

なお、日本のテレビで放送された「宇宙大作戦」は放送時間の都合で少しカットされているそうです。
いつかはノーカット版を観たいものです。

「マッサン」スタジオ撮影終了

NHK連続テレビ小説「マッサン」のスタジオでの撮影が 2015年2月19日(木)に終了しました。

「マッサン」は、2014年度下半期の 連続テレビ小説(朝ドラ)で、主人公夫妻のモデルは、ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝(たけつる まさたか)とその妻リタ。
ドラマの制作発表当時、ヒロインが白人女性ということで話題となりました。

ヒロインの亀山エリーを演じたシャーロット・ケイト・フォックスについては、2015年10月からブロードウェイミュージカル「CHICAGO」の主演に起用されることが報じられています。

「マッサン」のヒロインが善良な女性なのに対し、「CHICAGO」のヒロインは悪女だそうです。

シャーロット・ケイト・フォックスが母国である米国で女優として成功できるか、少しだけ興味があります。

なお、私は 2015年2月19日の夕食後に「マッサン」第9回を観賞しました。
2015年度上半期の朝ドラ「まれ」の放送終了までに「マッサン」を全て鑑賞できるかどうか、かなり怪しい状況です。

フランス映画社、破産

2014年11月19日、株式会社フランス映画社の破産が報じられました。
2014年11月12日に東京地裁より破産開始決定を受けていたとのこと。
負債総額は約3800万円。

フランス映画社は、主にヨーロッパで制作された映画の配給業者で、1968年2月に設立。
社長の柴田駿(しばた はやお)氏が妻(事実婚)で副社長だった故・川喜多和子(かわきた かずこ)さん(以下、敬称略)と共に運営していた会社で、「勝手にしやがれ」「ベルリン・天使の詩」「ピアノ・レッスン」などの作品を国内のミニシアター中心に配給してきました。

ハリウッドの大作や日本映画の話題作に映画ファンの興味が集まる状況だったこともあり、近年は業績が低迷し、今年(2014年)の 8月末には営業停止していたそうです。

川喜多和子は、映画製作者で輸入業者の川喜多長政(かわきた ながまさ)を父に、「日本映画の母」とも言われる川喜多かしこを母に持ち、俳優・映画監督の故・伊丹十三の最初の妻(1966年に離婚)だった人。

時代の流れとはいえ、日本の映画配給の分野で老舗とされる企業が破産したことを残念に思います。

動画「AC Milan vs. Super Car」を鑑賞

2014年11月13日(木)の 20時50分過ぎ、YouTube で「AC Milan vs. Super Car」と題した動画を鑑賞しました。

この動画は、本田圭佑選手(以下、敬称略)が所属する ACミランとプレミアムスポンサー契約を結んでいるトーヨータイヤ(東洋ゴム工業株式会社)が制作した作品で、ACミランの 4選手がミラノの路上でスーパーカー(Audi R8)と競走する内容。

車の方は助手席にボールを乗せ、選手たちは 1個のサッカーボールをパス回ししながらゴールを目指します。

動画に出演している選手は、本田、モントリーヴォ、ラミ、メネズで、それぞれに見せ場がありますが、特に本田がゴールにボレーシュートを決めるシーンが印象的です。

また、動画の最後にドライバーの正体が分かるのも巧い趣向と思います。

なお、この動画に審判役で出演している女性については、Francesca Provetti という名前ということは分かりましたが、詳細は分かりませんでした。


http://youtu.be/M092PBHytC8

独眼竜政宗、録画せず

1987年の NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」が 2014年4月から NHK BSプレミアムで再放送開始されて以降、私は毎回録画して、後日、ゆっくり鑑賞しています。

今日(2014年10月18日)の 18時から放送の第29回も後日鑑賞のつもりで録画予約してあったのですが、急に長男が風邪で寝込み、10月18日(土)の 18時台に他局で放送の番組を録画するよう、私に頼んできました。

自宅の録画機器は、同時間帯の複数番組録画に対応していないので、長男の頼みを受け入れれば、「独眼竜政宗」第29回の録画は出来ません。

長男の頼みを断ることも考えましたが、子供がかわいそうなので、やはり私の方が折れ、政宗の録画を行わないことにしました。

幸い、自宅には複数台のテレビがあるので、久々にリアルタイムで「独眼竜政宗」を鑑賞することにしました。

ただ、今回は録画しないので、気に入った場面を繰り返し再生することが出来ないのが残念です。