「雑記」カテゴリーアーカイブ

中秋の名月 2018

Google日本語版トップページに 2018年9月24日(月)、中秋の名月にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「中秋の名月」の検索結果が表示されます。
中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)は、旧暦 8月15日の夜の月のことで、日本では旧暦8月15日の夜にお月見をする習慣があります。

ただ、この日は雲が多く、私の自宅の居間からは今年(2018年)の「中秋の名月」を見ることはできませんでした。
もしかしたら、時間帯によっては屋外で見ることが出来たのかもしれませんが、絶対に見たいというほどの気持ちはなかったので、私は屋外には出ませんでした。

秋分の日 2018

Google日本語版トップページに 2018年9月22日(土)の夜、秋分の日にちなんだロゴ画像が表示されてました。

ロゴ画像には再生ボタンが描かれていて、画像をクリックするとショートアニメが繰り返し再生されます。
ショートアニメは、黄色くなった木の葉が落ちていくのを見ている存在(妖精?)が、積み重なった落ち葉の山の中から現れた何者かに驚くという内容。

今年(2018年)の「秋分の日」は 9月23日ですが、今回のロゴ画像は、日付が変わるよりも、かなり早めに表示されてました。

敬老の日 2018

Google日本語版トップページに 2018年9月17日(月)、敬老の日にちなんだロゴ画像が表示されてました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「敬老の日」の検索結果が表示される仕様。

この日、日本の多くの場所で、自治体主催の敬老会が実施された模様です。
私の地元(静岡県富士宮市)でも、市の何か所かで敬老会がありました。

富士宮市では、平成30年度の敬老会対象者は、昭和17年4月1日以前に出生(77歳以上)した人でした。
昔は、もう少し若かったはずです。
財政難のため、対象の年齢を引き上げているのでしょう。

既に対象年齢が 80歳以上となっている地方自治体もあり、私の地元でも、そのうちに引き上げになるのかもしれません。

ジョアンナ・ベイリー 生誕 256 周年

Google日本語版トップページに 2018年9月11日(火)、ジョアンナ・ベイリー( Joanna Baillie)の生誕 256周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「ジョアンナ・ベイリー」の検索結果が表示されます。

ジョアンナ・ベイリー( 1762年9月11日 – 1851年2月23日 )は、スコットランドの詩人で劇作家。
当時の英国ロマン主義を代表する女性作家の一人らしいです。

私はジョアンナ・ベイリーの名前を知りませんでしたし、本稿執筆時点で Wikipedia に日本語でジョアンナ・ベイリーの項目がないことから、現在の日本での知名度は低そうです。

オスカー・シュレンマー 生誕 130 周年

Google日本語版トップページに 2018年9月4日(火)、オスカー・シュレンマー( Oskar Schlemmer)の生誕 130周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「オスカー・シュレンマー」の検索結果が表示されます。

オスカー・シュレンマー( 1888年9月4日 – 1943年4月13日 )は、ドイツの芸術家、彫刻家、デザイナー。
人形劇や演劇、ダンスにおける実績もあり、20世紀前衛芸術を代表する芸術家の一人らしいです。

今回のロゴ画像は、オスカー・シュレンマーが創作した「トリアディック・バレエ」を描いたものです。

トリアディック・バレエは、立方体、円錐、球体の 3つの幾何学基本形が使われた衣装を着たダンサーが、ロボットのような機械的な動きをするタイプのダンス。
名称に「バレエ」が含まれていますが、従来の古典的なバレエとは全く異質のものといってよいものと思われます。

ドナルド・ブラッドマン 生誕 108 周年

Google日本語版トップページに 2018年8月27日(月)、ドナルド・ブラッドマン(Donald George Bradman)の生誕 110周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「ドナルド・ブラッドマン」の検索結果が表示されます。

ドナルド・ブラッドマン( 1908年8月27日 – 2001年2月25日 )は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州の出身のクリケット選手。

クリケットはイギリス発祥のスポーツで、英連邦諸国では現在でもラグビーやサッカーと並んで人気がありますが、日本ではあまり知られていません。

クリケットについて、私は、野球に似たところのある球技ということは知っていますが、ルールは分かりません。
Wikipedia でクリケットについて調べてみたところ、二つの世界大戦の間の時代、ドナルド・ブラッドマンが圧倒的な存在感があったようです。

2008年8月27日には彼の生誕百周年を記念して、王立オーストラリア造幣局がドナルド・ブラッドマンの肖像の 5ドル記念金貨を発行したとのことですので、彼がクリケットの歴史に残る名選手だったことは間違いありません。

アジア競技大会 2018

Google日本語トップページに 2018年8月18日(土)、アジア競技大会にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「アジア競技大会 2018」の検索結果が表示されます。

第18回アジア競技大会は、2018年8月18日に開幕し、同年9月2日に閉会式が行われます。
開催地は、インドネシアのジャカルタとパレンバン。
当初、開催地はベトナムのハノイでしたが、2014年4月にベトナム政府が財政難を開催辞退を決め、代わりの開催地として 2014年9月にジャカルタとパレンバンが決まりました。

2都市での共同開催は、アジア競技大会では今回が初めて。
また、インドネシアでのアジア大会は、1962年にジャカルタで開催された第4回アジア競技大会以来です。

ところで、今回のアジア競技大会でのサッカーは、2018年8月14日から同年9月1日まで開催予定となっていて、男子サッカーは 24か国、女子サッカーは 11か国が出場します。
女子サッカーは年齢制限なしですが、男子は 23歳以下の選手(1995年1月1日以降に生まれた人)、および 1チームあたり 3名までのオーバーエージ枠選手のみが出場できます。

男子サッカーの日本代表チームの活躍を期待しています。

お盆 2018

2018年(平成30年)8月16日(木)の午前8時過ぎ、お盆の送り火をたきました。
ここ数年、我が家では「迎え火」と「送り火」は少量の新聞紙を焼くだけにしており、今年も新聞紙を燃やしました。
13日の迎え火のときは、作業開始の前に雨が降り始め、屋根付きの駐車スペースの端の場所で燃やしたのですが、16日は曇っていたため、庭で燃やすことができました。

「茄子で作った牛」と「キューリで作った馬」については、自宅の裏庭に穴を掘って埋めました。
多分、来年以降も自宅の裏庭に埋めることになりそうです。

ゲルダ・タロー 生誕 108 周年

Google日本語版トップページに 2018年8月1日(水)、ゲルダ・タロー(Gerda Taro)の生誕 108周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「ゲルダ・タロー」の検索結果が表示されます。

ゲルダ・タロー( 1910年8月1日 – 1937年7月26日 )は、ドイツ生まれの写真家、報道写真家。
仕事と私生活の両方で、写真家のロバート・キャパ(本名: アンドレ・フリードマン)のパートナーだった人で、1936年にロバート・キャパの名前で発表された作品の中にはゲルダ・タローが撮影したものが含まれています。

なお、「ロバート・キャパ」と同様、「ゲルダ・タロー」も仕事用の名前で、ゲルダ・タローの本名はゲルタ・ポホリレ(Gerta Pohorylle)。
タローの名は、アンドレ・フリードマンと親交のあった芸術家の岡本太郎にちなんでいるそうです。

ゲルダ・タローは、1937年にスペイン内戦の取材中、暴走した戦車に轢かれて重傷を負い、翌日に 26歳で亡くなりました。

ロバート・キャパの名前は、「崩れ落ちる兵士」(Falling Soldier)と呼ばれている写真が米国の雑誌「ライフ」(Life)の 1937年7月12日号に掲載されことで有名になりました。
この写真について、作家の沢木耕太郎は、ゲルダ・タローが撮影者と推定しています。

恋人だった女性の撮影した写真のおかげで有名になったのだとしたら、ロバート・キャパの心境は複雑だったと思われます。

クルト・マズア 生誕 91 周年

Google日本語版トップページに 2018年7月18日(水)、クルト・マズア(Kurt Masur)の生誕 91周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「クルト・マズア」の検索結果が表示されます。

クルト・マズア( 1927年7月18日 – 2015年12月19日 )は、旧東ドイツ出身の指揮者。

ライプツィヒでピアノ・作曲・指揮法を学び、いくつかの歌劇場での指揮者としての活動の後、1955年にドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者に着任し、1958年まで勤務。

1960年から 1964年までベルリン・コーミッシェ・オーパーの音楽監督、1967年から 1972年までドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者を務めました。

1970年にライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の指揮者に就任し、1972年から音楽監督に。
1997年にゲヴァントハウス管弦楽団音楽監督を辞任。

2000〜2007年ロンドン・フィルの首席指揮者、2002〜2008年フランス国立管弦楽団音楽監督。

私のクラシック音楽への知識は浅く、レオポルド・ストコフスキー、ヘルベルト・フォン・カラヤン、レナード・バーンスタイン、クラウディオ・アバドあたりの名前は知っていますが、クルト・マズアの名前は記憶にありません。

でも、Google のロゴ画像として取り上げられるくらいなので、クルト・マズアは指揮者として有名な人なのでしょう。