盆提灯を組み立て 2014/08/13

2014年8月13日(水)の午前9時半頃、盆提灯を組み立てました。

盆提灯は、お盆のときに先祖の霊が迷わず帰宅するための目印で、先祖を供養するためのお供えでもあります。

我が家にある盆提灯は、約20年前に父方の叔父や叔母たちが購入してくれた床置きタイプのもので、普段は、部品を入れた箱を押入れの上部の棚に収納してあります。

なお、叔父や叔母たちは 2つの盆提灯を贈ってくれたのですが、場所をとるので、ここ数年は 1個だけ出すようにしており、今回も 1つだけ組み立てました。

一般的に、伝統的な儀式が簡略化される傾向にあるようで、私がご先祖様になる頃には、盆提灯の習慣はなくなっているかもしれません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です