ダルビッシュ、メジャー500奪三振

大リーグのテキサス・レンジャーズ所属のダルビッシュ有投手が 2014年4月6日、レイズ戦に先発登板し、初回に 2三振を奪い、メジャーでの 500奪三振を達成しました。
401回 2/3での達成は、メジャー最速だそうです。

ダルビッシュは 7回を投げて、7安打無失点、6三振1四球。
試合は「3‐0」でレンジャーズが勝ちました。

ダルビッシュは、今シーズンの開幕試合に先発予定でしたが、寝違えの影響で開幕試合を回避し、この試合が今シーズンの初登板。

ダルビッシュが試合で投げるのは 3月16日のオープン戦以来でしたが、ブランクの影響を感じさせない好投で、メジャーでの 30勝を達成しました。

大リーグでは、その年に最も活躍した投手(両リーグ 1人ずつ)に与えられる「サイ・ヤング賞」という賞があり、ダルビッシュは有力候補とされています。

サイ・ヤング賞に日本の野球界出身者が選出される日が来ることを期待しています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です