東電と中部電力、大雪で特別措置

東京電力株式会社のサイトに 2014年2月18日、2月14日からの大雪の影響で被災されたお客さまに対する電気料金等の特別措置について のプレスリリースが掲載されました。

また、中部電力株式会社のサイトに同日、大雪により被災されたお客さまに対する電気料金その他の特別措置について のプレスリリースが掲載されました。

特別措置の内容は、「支払期日の1ヶ月延長」「不使用月の電気料金の免除」「被災により使用できなくなった設備の基本料金免除」など。

特別措置の適用対象となるのは、2014年2月14日からの大雪により、災害救助法が適用された地域および隣接する地域の利用者で、適用には利用者からの申し出が必要です。

詳細は、上記プレスリリースを参照。

プレスリリースの内容を確認してみたところ、私の地元(静岡県富士宮市)は 災害救助法が適用された地域の隣接地域になってました。

私の家は、大雪で大きな被害を受けていないので、特別措置が適用されることはなさそうです。

でも、富士宮市北部では、雪で大部分が埋もれた家もあり、特別措置が適用される世帯もありそうです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です