読書感想文を手伝い 2014/08/02

今日(2014年8月2日)の午前中、小学生の長男が読書感想文を書くのを手伝いました。

手伝いといっても、全面的に口を出すのではなく、読書感想文の全体的な構成に助言し、おかしな文章表現を指摘する程度。

長男は、昨日までに数日かけて、感想文のネタを書いてあり、今日はネタを結合させ、下書きを作りました。

妻が文字数をカウントしたところ、400字詰めの原稿用紙 2枚弱の分量でした。

何箇所かで行替えしてるので、3枚目の原稿用紙も使うことになりそうです。

後日、次男の読書感想文も手伝うことになるかもしれません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です