日本がコロンビアに勝利 2018 FIFAワールドカップ

2018年6月19日(火)、「FIFAワールドカップ」グループリーグH組の「日本‐コロンビア」戦が行われ、日本が「2‐1」で勝ちました。

この試合、前半3分に香川のシュートがペナルティーエリア内でコロンビアのカルロス・サンチェスの右手に当たり、PK 獲得。
サンチェスはレッドカードで退場。

前半6分に香川が PK を決め、先制しました。

前半39分に FK から得点されて同点に。

後半25分、香川に代えて本田が出場。
後半28分、本田の CK を大迫がヘディングシュートし、勝ち越し。

その後、コロンビアが猛攻しますが、日本は守り切りました。

大抵の人がコロンビアの勝利を予想していましたが、序盤で日本が数的優位に立ったこともあって、日本にとって最高の結果となりました。
日本が FIFAワールドカップで南米のチームに勝利したのは今回が初めて。

幸運に恵まれたとはいえ、日本が勝ち切ったことは素晴らしいことです。
次のセネガル戦でも日本が良い結果を出すことを期待しています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です