岳南鉄道線65周年記念切手

2014年11月7日(金)の午前6時50分頃、テレビ番組(多分、NHKのローカルのニュース)で、オリジナルフレーム切手「かたみち9.2kmの岳南風景 ~岳南鉄道線65周年記念~」のことを紹介してました。

岳南鉄道は、静岡県富士市内の吉原駅と岳南江尾駅を結ぶ全長 9.2km の私鉄で、1949年11月18日に「鈴川駅(現在の吉原駅)‐吉原本町駅」間が開業。

オリジナルフレーム切手「かたみち9.2kmの岳南風景 ~岳南鉄道線65周年記念~」は、1シートが 82円切手×10枚の構成で、販売価格は 1シート 1230円。
2014 年11月4日より、合計1000部が富士市、沼津市の一部の郵便局及び富士宮市、御殿場市、裾野市、駿東郡小山町内の郵便局(計86局)で販売が開始されているそうです。

私は、岳南鉄道線では、吉原駅、吉原本町駅、本吉原駅で乗降したことがありますが、他の駅を利用したことはありません。

このところ、岳南鉄道線は毎年連続して数千万円の営業赤字を計上しており、運営継続が危ぶまれています。
岳南鉄道線が存続しているうちに、一度は全区間を乗車してみようかと思っています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です