敬老の日 2014

Google日本語版トップページに 2014年9月15日(月)、敬老の日にちなんだロゴ画像が表示されました。

敬老の日は、兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)の門脇政夫村長(のち兵庫県議会議員)と山本明助役が 1947年(昭和22年)に提唱した「としよりの日」が起源で、1950年からは兵庫県全体で行われるようになり、後に全国に広まり、1966年から国民の祝日となりました。

「としよりの日」が 9月15日だったことから、毎年9月15日が「敬老の日」でしたが、2001年の祝日法改正(いわゆる、ハッピーマンデー制度)により、2003年からの「敬老の日」は 9月第3月曜日となりました。

ちなみに、2003年9月15日は第3月曜日だったため、敬老の日が 9月15日以外になるのは 2004年9月20日が初めてです。

今年(2014年)は、数年ぶりに 9月15日が「敬老の日」になりました。

敬老の日には自治会主催で敬老会を開催する地域が多いようで、地元(静岡県富士宮市)でも何箇所かで敬老会が開催されます。

ここ数年、私は母を敬老会の会場に送迎しています。

父は敬老会に興味がなく、出席したことがありません。

私が敬老会に招かれる年齢になるのは数十年後ですが、多分、私も父と同様、出席しないことになりそうです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です