秋分の日 2014

Google日本語版トップページに 2014年9月23日(火)、「秋分の日」にちなんだロゴ画像が表示されました。

画像には 5本の木と人間 1人が描かれていて、画像中央の再生ボタンを押すと、木の葉の色が赤などに変わってから地面に落ちます。

秋分の日(しゅうぶんのひ)は毎年9月23日頃で、大抵は 23日ですが、23日以外になることもあります。

最近では、2012年9月22日が「秋分の日」でした。

秋分では、太陽が赤道上にあり、昼と夜の長さがほぼ同じになります。
ただし、大気による屈折などの理由があり、実際には昼の方が少し長く、日本付近では平均すると昼の方が約14分長いそうです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です