Googleが DQNを開発

米グーグル(Google)が人口知能(AI)「DQN」を開発したことが報じられました。

「DQN」は、「Deep Q-Network」の略。
スペースインベーダーやブロック崩しなどのゲームをプレーさせると、深層学習(ディープラーニング)によって攻略法を編み出すのだそうです。

コンピュータの発達によって人間が不要になった状況が SF映画などで描かれることは珍しくないですが、将来、本当に実現する日が来るのかもしれません。

なお、日本では、DQN は「粗暴そうな風貌で、知性や知識が乏しく非常識な人間」を指すインターネットスラングです。

日本人の感覚では、DQN という名前と人工知能の組み合わせは似合わないですが、覚えやすい名前であることは確かです。

人工知能の DQN については、2015年2月26日付けの英国の学術雑誌「Nature(ネイチャー)」の電子版で発表されるそうです。
AI に興味のある人は、読んでみるのもよいかもしれません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です