デューク・カハナモク 生誕125周年

Gppgle日本語版トップページに 2015年8月24日(月)、デューク・カハナモクの生誕125周年を記念するロゴ画像が表示されてました。

デューク・カハナモク(Duke Paoa Kahinu Mokoe Hulikohola Kahanamoku)は、ハワイ出身の水泳選手で、1890年8月24日に生まれ、1968年1月22日に死去。
100メートル自由形で、1912年のストックホルム五輪と 1920年のアントワープ五輪で優勝、1924年のパリ五輪で準優勝。
男子800mフリーリレーでは、ストックホルム五輪での準優勝、アントワープ五輪での優勝に貢献ました。

また、デューク・カハナモクはサーファーでもあり、サーフィンの普及に貢献し、ハワイの英雄的存在でした。

なお、映画「ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー」(2003年)では、約100年前にタイムスリップした主人公が若き日のデューク・カハナモクと関わるそうですが、作品を観たことがないので、詳細は分かりません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です