アムリタ・シェール=ギル 生誕103周年

Google日本語版トップページに 2016年1月30日(土)、アムリタ・シェール=ギルの生誕103周年を記念するロゴ画像が表示されました。

アムリタ・シェール=ギル(Amrita Sher-Gil)はインドの画家で、1913年1月30日にハンガリーのブダペストで生まれ、1941年12月5日に腹膜炎のため 28歳で死去。
短い生涯ですが、20世紀のインドで最も重要な女性画家とみなされているそうです。

今回の Googleロゴではアムリタ・シェール=ギルの 1935年の作品「三人の少女たちの群れ」が採り上げられていて、ロゴ画像をクリックすると、キーワード「アムリタ シェール ギル」の検索結果が表示されます。

ちなみに、Googleでキーワード「アムリタ」を検索すると、Wikipedia のアムリタの項目がトップで表示されます。
Wikipedia の当該ページの記述によると、アムリタは、「インド神話に登場する神秘的な飲料の名で、飲む者に不死を与えるとされる」とのことです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です