クララ・ロックモア 生誕105周年

Google日本語版トップページに 2016年3月9日(水)、クララ・ロックモア(Clara Rockmore)の生誕105周年を記念するロゴ画像が表示されました。

クララ・ロックモア(以下、クララ)はリトアニアのテルミン奏者で、1911年3月9日に生まれ、1998年5月10日に死去。

テルミンは 1919年にロシアの物理学者レフ・テルミンが発明した世界初の電子楽器です。
既存の楽器では演奏者が楽器に触れることによって音を出しますが、テルミンの場合、演奏者はテルミン本体に触れず、空間における手の位置によって音量と音の高さを制御し、どんな音でも出すことが出来るそうです。

クララは、幼いころからクラシック音楽の教育を受けていた人で、幼少期の栄養失調による骨の障害のためにバイオリニストの道を断念。
その後、テルミンという楽器と出会い、最も高名なテルミン奏者となりました。

クララは、テルミンの優れた奏者であっただけでなく、テルミンに関して様々な提案を行い、改良に貢献しました。

今回の Googleロゴには再生ボタンが描かれていて、ロゴ画像をクリックすると、テルミンのレッスンを受けるミニゲームが始まります。

筆者はこの手のミニゲームは苦手なので、スルーしました。

YouTube でキーワード「Clara Rockmore」で検索してみたところ、クララの演奏が何本か見つかりました。
いくつか再生してみた中には動画もあり、クララが手の動きで音の高さを調節している様子を見ることができました。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です