スザンヌ・ランラン生誕117周年

Google日本語版トップページに 2016年5月24日(火)、スザンヌ・ランランの生誕117周年を記念するロゴ画像が表示されました。

スザンヌ・ランラン(1899年5月24日 – 1938年7月4日)は、フランスのパリ出身のテニス選手で、ウィンブルドンで 6度の優勝(1919年から 5連覇)を果たすなど、1920年代前半の女子テニス界で最高の成績を残した人。
世界最初の女子プロテニス選手の一人でもあります。

なお、全仏オープンの会場(スタッド・ローラン・ギャロス)のセンター・コートの隣には「スザンヌ・ランラン・コート」があり、同大会の女子シングルス優勝カップには「スザンヌ・ランラン・カップ」の名前があるそうです。

今回のロゴ画像の中央部には再生ボタンが描かれており、画像をクリックすると、スザンヌ・ランランがテニスする姿を描いた 3枚の画像が繰り返し表示されます。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です