ロサリオ・カステリャノス生誕91周年

Google日本語版トップページに 2016年5月25日(水)、ロサリオ・カステリャノス生誕91周年を記念するロゴ画像が表示されました。
画像をクリックすると、キーワード「ロサリオ カステリャノス」の検索結果が表示されます。

ロサリオ・カステリャノス(1925年5月25日 – 1974年8月7日)はメキシコ出身の女流作家で、特に詩人として知られています。

本稿執筆時点で Wikipedia に「ロサリオ・カステリャノス」の項目は立てられていませんが、英語やドイツ語など、18種類の言語で Rosario Castellanos についてのページがありました。

作品がフェミニズム文学に影響を与えるなど、ロサリオ・カステリャノスは 20世紀のメキシコ文學界で大きな存在だったようです。

ロサリオ・カステリャノスの作品では、小説「バルン・カナン」が田中敬一による日本語訳で出版されています。

なお、今回のロゴ画像はロサリオ・カステリャノスの晩年の姿を描いたものと思われますが、英語版の Wikipedia では若い頃の姿が掲載されています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です