グレゴリオ暦 制定 434周年

Google日本語版トップページに 2016年10月4日(火)、グレゴリオ暦の制定 434周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
画像をクリックすると、キーワード「グレゴリオ暦」の検索結果が表示されます。

グレゴリオ暦は、1582年にローマ教皇グレゴリウス13世が制定した暦法で、それまで使用されていたユリウス暦の改良版。
ユリウス暦からグレゴリオ暦への改暦の際には、ユリウス暦 1582年10月4日(木曜日)の翌日が、グレゴリオ暦 1582年10月15日(金曜日)になりました。

ユリウス暦とグレゴリオ暦は、どちらも 1年を原則として 365日としていますが、閏年(うるうどし)の処理の方法に違いがあります。
ユリウス暦では 4年ごとに閏年を置いていて、1年間の平均日数は 365.25日。
グレゴリオ暦では 400年間に 97回の閏年を置き、1年間の平均日数は 365.242日。

太陽年の長さは約365.24218944日(2015年年央値)で、ユリウス暦よりもグレゴリオ暦の方が太陽年とのずれが小さくなっています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です