アントニ ファン レーウェンフック 生誕384周年

Google日本語版トップページに 2016年10月24日(月)、アントニ・ファン・レーウェンフックの生誕384周年にちなんだロゴ画像が表示されました。

アントニ・ファン・レーウェンフック(1632年10月24日 – 1723年8月26日)は、オランダの商人で、顕微鏡を使って微生物を観察した最初の人。
レーウェンフックは専門的教育を受けていませんでしたが、自作の顕微鏡を用いて様々な物を観察し、微細な昆虫が卵から孵化することを発見する等、多くの生物学上の発見を行い、1680年にはロンドン王立協会の会員として迎えられました。

今回のロゴ画像の右端には、原始的な顕微鏡を右手に持ったレーウェンフックらしき人物が描かれていて、中央には「Google」の文字と再生ボタンが描かれています。
画像をクリックすると、顕微鏡で「Google」の文字が拡大表示され、各文字が微生物として活動している様子が繰り返し表示されます。

画像を再度クリックすると、キーワード「アントニ ファン レーウェンフック」の検索結果が表示されます。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です