ジャガディッシュ・チャンドラ・ボース 生誕158周年

Google日本語版トップページに 2016年11月30日(水)、ジャガディッシュ・チャンドラ・ボース(Sir Jagadish Chandra Bose)の生誕158周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「ジャガディッシュ チャンドラ ボース」の検索結果が表示されます。

ジャガディッシュ・チャンドラ・ボース(1858年11月30日 – 1937年11月23日)は、インドの学者で、SF作家でもあり、「インドの無線科学、SFの父」と呼ばれています。
学者としての研究範囲は広く、物理学、化学、植物生理学等で実績があります。
物理学では無線研究で業績を上げ、植物生理学では植物の成長測定に用いられる特殊な顕微鏡「クレスコグラフ(Crescograph)」を発明しています。

日本でチャンドラ・ボースといえば、インドの独立運動家のスバス・チャンドラ・ボース(1897年1月23日 – 1945年8月18日)が有名で、ジャガディッシュ・チャンドラ・ボースはあまり知られていませんが、スゴい人がいたものです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です