大晦日 2016

Google日本語版トップページに 2016年12月31日(土)、大晦日(おおみそか)にちなんだロゴ画像が表示されました。
画像には再生ボタンが描かれていて、画像をクリックすると、画像が動き出します。

画像を再度クリックすると、キーワード「大晦日」の検索結果が表示されます。

大晦日は、1年の最後の日。現行の暦(グレゴリオ暦)では 12月31日が大晦日で、翌日(1月1日)は新年です。

年越しの夜のことを除夜(じょや)とも言い、大みそかの深夜 24時頃に寺院の梵鐘を撞(つ)く「除夜の鐘」という行事が行われます。
除夜の鐘については、200回以上を撞く寺もありますが、多くの寺では 108回撞きます。

ちなみに、108回を撞く寺の多くでは、108回のうち 107回を 12月31日のうちに撞き、残りの 1回を 1月1日に撞きます。
ただし、筆者の地元(静岡県富士宮市)にある日蓮正宗の大石寺(たいせきじ)では、年明けと同時に 1つ目が撞かれます。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です