サンドフォード・フレミング 生誕190周年

Google日本語版トップページに 2017年1月7日(土)、サンドフォード・フレミング(Sir Sandford Fleming)の生誕190周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「サンドフォード フレミング 標準時」の検索結果が表示されます。

サンドフォード・フレミング(1827年1月7日 – 1915年7月22日)はカナダの土木技師で科学者。
世界標準時を提案した人物で、1882年に設立されたカナダ王立協会(Royal Society of Canada)の設立メンバーの一人でもあります。

サンドフォード・フレミングは、イギリスのスコットランドで生まれ、1845年にカナダに移住し、鉄道の技師としてカナダ太平洋鉄道などの鉄道を設計しました。
世界標準時については、彼は 1879年2月8日にロイヤルカナディアン研究所の会議で提案を行いました。
1884年に開催された「国際子午線会議」では、世界を 24の標準時間帯(タイムゾーン)に分けるというタイムゾーンの仕組みは採用されませんでしたが、その後、世界の多くの国がタイムゾーンを採用しました。

また、サンドフォード・フレミングは、1851年に発行されたカナダ最初の切手「3ペニーのビーバー」をデザインした人物なのだそうで、今回の Google のロゴ画像の右上部分には、「3ペニーのビーバー」切手のようなデザインでサンドフォード・フレミングの肖像が描かれています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です