アイダ・ルイス 生誕 175周年

Google日本語版トップページに 2017年2月25日(土)、アイダ・ルイス(Ida Lewis)の生誕 175周年にちなんだロゴ画像が掲載されました。

ロゴ画像には再生ボタンが描かれていて、画像をクリックすると、スライドショー形式で 10種類の画像を閲覧できます。
画像右下の虫眼鏡アイコンをクリックすると、キーワード「アイダ ルイス」の検索結果が表示されます。

アイダ・ルイス(1842年2月25日 – 1911年10月24日)は、米国の灯台守(とうだいもり)です。
灯台守は、有人灯台を維持・管理する仕事、またはその仕事に従事する人。

アイダ・ルイスは、灯台守だった父親 Hosea Lewis が発作で倒れた後、 1857年に 16歳で灯台守の仕事を実質的に引き継ぎ、勤務中に発作で亡くなるまでライムロック灯台(Lime Rock Light)で働きました。

灯台守は地味な仕事ですが、アイダ・ルイスは 1869年に海難救助で活躍したことから有名になりました。
ちなみに今回の Googleロゴのスライドショーでは、1881年2月に氷の上を歩いていて海中に落ちた二人の兵士をアイダ・ルイスが救助した出来事が描かれています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です