ザハ・ハディッドが Googleロゴに

Google日本語版トップページに 2017年5月31日(水)、ザハ・ハディッドをとりあげたロゴ画像が掲載されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「ザハ ハディド」の検索結果が表示されます。

ザハ・ハディッド(1950年10月31日 – 2016年3月31日)は、英国に在住していたイラク・バグダード出身の女性で、脱構築主義の建築家。

建築分野でのノーベル賞的存在ともいわれるプリツカー賞(The Pritzker Architecture Prize)を、2004年に受賞しています。

日本では、2020年の東京オリンピックのメイン会場となる新国立競技場の初期の案をデザインしたことで知られています。

脱構築主義の建築家のデザインした建築物は、見かけは素晴らしいですが、機能性に問題のあるものもあるとされています。

見かけが悪いよりは見かけが良い方が魅力的ですが、建物を利用する人にとっては、見かけよりも機能性の方が重要でしょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です