ジョセフィン・ベイカー 生誕111周年

Google日本語版トップページに 2017年6月3日(土)、ジョセフィン・ベイカー(Josephine Baker)の生誕111周年にちなんだロゴ画像が掲載されました。
ロゴ画像には再生ボタンが描かれていて、画像をクリックするとスライドショー形式で 7つの画像が表示されます。スライドショー表示後に虫眼鏡アイコンをクリックすると、キーワード「ジョセフィン ベイカー」の検索結果が表示されます。

ジョセフィン・ベイカー(1906年6月3日 – 1975年4月12日)は、アメリカ(米国)セントルイス出身のジャズ歌手で女優。
ユダヤ系スペイン人の父とアフリカ系アメリカ人の母のあいだに生まれ、16歳で芸能活動を開始。
ダンサーとして、バナナを腰の周りにぶら下げただけという衣装で踊ったことでも知られています。

ダンサーとして成功後、歌手デビューし、映画にも出演するようになります。

1937年にフランス国籍を取得。
第二次世界大戦中にはレジスタンス運動や秘密情報部の活動に携わり、戦後にレジオンドヌール勲章などを授与されました。

私生活では 6度結婚し、養子が 12人。

なかなか劇的な人生です。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です