スブラマニアン チャンドラセカール 生誕 107周年

Google日本語版トップページに 2017年10月19日(木)、スブラマニアン・チャンドラセカール( Subrahmanyan Chandrasekhar )の生誕 107周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像には再生ボタンが描かれていて、画像をクリックするとショートアニメが繰り返し再生されます。その状態で再度クリックすると、キーワード「スブラマニアン チャンドラセカール 」の検索結果が表示されます。

スブラマニアン・チャンドラセカール( 1910年10月19日 – 1995年8月21日 )は、 インド生まれのアメリカの天体物理学者 。
1932年、白色矮星の質量に上限(チャンドラセカール質量)があることを理論的計算によって示し、恒星の終焉に関する「チャンドラセカール限界」を提唱しました。

ちなみに、今回のロゴ画像のショートアニメは、チャンドラセカール限界をネタにしたものでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です