子供のコーディング 50周年記念

Google日本語版トップページに 2017年12月4日(月)、子供のコーディング 50周年を記念するロゴ画像が表示されました。
教育向けのプログラミング向け言語の LOGO(ロゴ)が 1967年に開発されてから 50年なのだそうです。

今回のロゴ画像には再生ボタンが描かれていて、ロゴ画像をクリックすると、ミニゲームが始まります。
そのミニゲームは、コードブロックを使ってニンジンを集めていく内容で、プログラミング教育に役立つと思われます。
なお、ミニゲームのメニューもしくはゲームクリア後の画面から検索を行うと、キーワード「子供向けコーディング言語」の検索結果が表示されます。

私は、このミニゲームを 12月4日の 23時半頃からプレイして、全6個のレベルをクリアしましたが、後半の 3個については最小移動回数でのクリアではありませんでした。

ミニゲームの面白さについては、個人的には微妙な印象ですが、10歳くらいの子供には面白いかもしれません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です