ヤン・インゲンホウス 生誕 287周年

Google日本語版トップページに 2017年12月8日(金)、ヤン・インゲンホウス( Jan Ingenhousz )の生誕 287周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「ヤン インゲンホウス」の検索結果が表示されます。

ヤン・インゲンホウス( 1730年12月8日 – 1799年9月7日 )は、オランダの医学者、植物生理学者、化学者、物理学者。
光合成を発見したことで知られています。
また、動物だけでなく植物も細胞呼吸することを発見した人でもあり、大型静電発電機や熱伝導の研究でも業績があります。

ヤン・インゲンホウスは、オランダで生まれた人ですが、1765年にロンドンで開業医となります。
高い種痘の技術を持つ医者で、1768年にウィーンのハプスブルク家の人々に対して種痘を成功させたことから、1772年にはオーストリアのマリア・テレジアの侍医になりました。
ヤン・インゲンホウスは 1779年にイギリスに戻って王立協会の会員になり、1799年にイギリスで亡くなりました。

なお、ヤン・インゲンホウスは 1775年に Agatha Maria Jacquin という名の女性と結婚していますが、ネットで簡単に調べてみた限りでは、二人の間に子供がいるかどうか分かりませんでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です