アラン・ペイトン 生誕 115周年

Google日本語版トップページに 2018年1月11日(木)、アラン・ペイトン( Alan Paton )の生誕 115周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「アラン ペイトン」の検索結果が表示されます。

アラン・ペイトン( 1903年1月11日 – 1988年4月12日 )は、南アフリカの作家で、反アパルトヘイトの活動家。
ペイトンは、南アフリカのイギリス人居住区で生まれ、大学卒業後に教師となりました。
1928年に結婚し、子供 2人(男2)をもうけています。

ペイトンは、1935年頃に若い黒人の矯正施設(少年院)の院長となり、約13年間の間に、進歩的な改革を行いました。
閉鎖的だった院内をオープンにし、真面目な者は院外でも働けるようにしたそうです。

その後、作家となり、1950年代以降に数多くの本が出版され、代表作の「Cry、The Beloved Country」は映画化されています。

1967年に妻と死別しますが、1969年に再婚し、その結婚はペイトンが亡くなるまで続きました。

なお、ペイトンの著作では、「Cry、The Beloved Country」が「叫べ、愛する国よ」の邦題で 1962年に出版され、1986年に「憎しみあるところに愛を」という邦題の本も出ていますが、どちらも現在では絶版のようです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です