ワイルダー・ペンフィールド 生誕 127周年

Google日本語版トップページに 2018年1月26日(金)、ワイルダー・ペンフィールド( Wilder Graves Penfield )の生誕 127周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像には再生ボタンが描かれていて、画像をクリックするとショートアニメが繰り返し再生されます。
画像を再度クリックすると、キーワード「ワイルダー ペンフィールド」の検索結果が表示されます。

ワイルダー・ペンフィールド( 1891年1月25日または26日 – 1976年4月5日 )は、アメリカ生まれのカナダの脳神経外科医。

ペンフィールドは 1933年、てんかんの治療のために行われる開頭手術の際、脳を電極で刺激すると鮮明な記憶がよみがえることを発見しました。
今回のロゴ画像及びショートアニメは、ペンフィールドが発見したこの現象を描いています。

なお、カナダ郵政公社が 1991年に、ワイルダー・ペンフィールドの功績をたたえて郵便切手を発行しています。

ワイルダー・ペンフィールドは、私生活では 1917年に結婚。
後に孫の Jefferson Lewis がワイルダー・ペンフィールドの伝記「Something Hidden」を書いたとのことですので、 ペンフィールドには子供がいたはずです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です