パウラ・モーダーゾーン=ベッカー 生誕 142周年

Google日本語版トップページに 2018年2月8日(木)、パウラ・モーダーゾーン=ベッカー(Paula Modersohn-Becker)の生誕 142周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「パウラ・モーダーゾーン=ベッカー」の検索結果が表示されます。

パウラ・モーダーゾーン=ベッカー( 1876年2月8日 – 1907年11月21日 )はドイツの画家で、初期の表現主義を代表する人物の一人。
今回のロゴ画像には、パウラの作品も描かれています。

パウラは、1898年からウォルプスウェーデーゾーンの芸術村に住み、1901年5月25日に画家のオットー・モーダーゾーンと結婚し、夫の長女エルスッベットの継母となりました。
夫婦仲は円満とはいえず、結婚後、パウラはパリへ数度の長い旅行を行い、その間は家族と離れて暮らしました。
夫との仲が改善し、1907年2月に娘マチルデが産まれますが、まもなくパウラは塞栓症にかかり、1907年11月21日に 31歳で亡くなりました。

「マルテの手記」で知られるオーストリアの詩人ライナー・マリア・リルケの 1908年の作品「友へのレクイエム」という作品は、パウラの死を悼んで書いた詩だそうです。

パウラ・モーダーゾーン=ベッカーの死の 20年後の 1927年、ブレーメンで「パウラ・モーダーゾーン=ベッカー美術館」が開館しました。この美術館は、パウラの芸術上の支援者だったブレーメンの富豪ルートヴィッヒ・ロゼリウスが建設させたものだそうです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です