ジョージ・ピーボディが Google画像に

Google日本語版トップページに 2018年3月16日(金)、ジョージ・ピーボディ(George Peabody)を描いたロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「ジョージ ピーボディ」の検索結果が表示されます。

ジョージ・ピーボディ( 1795年2月18日 – 1869年11月4日 )は米国出身の起業家で慈善家。
貧しい家に生まれ、苦労しましたが、1814年に「ピーポディ・リッグス商会」を設立し、1815年にボルチモアに移り、そこで 1835年まで営業しました。
ピーポディ・リッグス商会の主な仕事は生活衣料雑貨の卸売りでしたが、当時は合法だった奴隷市場の運営を行った時期もあるようです。

ピーボディは 1837年にイギリスのロンドンに移り、生涯一度も結婚せず、74歳でロンドンで亡くなりました。
ビジネスでは最終的に著名な銀行家となり、老後は慈善活動を行い、「近代慈善家の父」(father of modern philanthropy)と呼ばれるほどになりました。

死後、ピーボディの遺体はイギリス海軍の最新鋭艦で米国に送られ、マサチューセッツ州セイラムに埋葬されました。
また、ピーボディの出身地マサチューセッツ州サウス・デンバーは、ピーボディと改名しました。

ちなみに、ピーボディがジューニアス・スペンサー・モルガンと提携して設立した「ピーポディ・モルガン商会」は、現在のJPモルガン・チェースやモルガン・スタンレーの前身の一つです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です