マヤ・アンジェロウ 生誕 90周年

Google日本語版トップページに 2018年4月4日(水)、マヤ・アンジェロウ(Maya Angeloue)の生誕 90周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像には再生ボタンが描かれていて、画像をクリックすると動画が再生されます。その後、画像をクリックすると、キーワード「マヤ・アンジェロウ」の検索結果が表示されます。

マヤ・アンジェロウ( 1928年4月4日 – 2014年5月28日 )は、詩人、歌手、女優で、公民権運動の活動家。
1993年にビル・クリントンの大統領就任式で、黒人女性として初めて祝詩を朗読した人です。

マヤ・アンジェロウは、生まれたときの名前は「Marguerite Annie Johnson」で、「Maya」はニックネーム。
高校在学中に子供(男)を出産し、シングルマザーになります。
その後、黒人女性初のケーブルカー車掌など、さまざまな仕事で働き、1950年代に舞台に立つようになりました。
30歳頃にマヤ・アンジェロウ名義で文筆活動を始め、公民権運動に参加するようになりました。

1969年に発表した自伝的小説「歌え、翔べない鳥たちよ」(I Know Why the Caged Bird Sings)はベストセラーになり、現在の日本でも入手が容易です。

米国で有名な人だったようで、Wikipedia の英語ページでの Maya Angeloue の項目には、なかなかの量の記述があります。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です