マリア・フェリックス 生誕 104周年

Google日本語版トップページに 2018年4月8日(日)、マリア・フェリックスの生誕 104周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「マリア・フェリックス」の検索結果が表示されます。

マリア・フェリックス( 1914年4月8日 – 2002年4月8日 )は、メキシコ出身の女優・歌手。
1940年代から 1950年代にかけてラテンアメリカの映画で最も成功した女優の一人で、メキシコ、スペイン、フランス、イタリア、アルゼンチンで計47本の映画に出演しています。

1954年制作のフランス映画「フレンチ・カンカン」(French Cancan)にマリア・フェリックスは割と大きな役で出演しているようですが、この映画を私は観たことがありません。

マリア・フェリックスは 4度結婚していますが、最初と 2度目の結婚では離婚し、残りの 2回は死別。
なお、最初の結婚でもうけた子供エンリケ・アルバレス・フェリックス(1934-1996)は俳優として成功しますが、マリアよりも早く亡くなりました。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です