オマル・シャリーフ 生誕 86周年

Google日本語版トップページに 2018年4月10日(火)、オマル・シャリーフ(Omar Sharif)の生誕 86周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「オマル・シャリーフ」の検索結果が表示されます。

オマル・シャリーフ( 1932年4月10日 – 2015年7月10日 )はエジプト出身のアラブ人俳優で、本名はミシェル・ディミトリー・シャルフーブ。
日本では英語読みの オマー・シャリフ とも表記されます。

オマル・シャリーフは、カイロ大学を卒業後にイギリスに留学し、ロンドンの王立演劇アカデミーで演技を学びました。
帰国後、エジプトで映画デビュー。

1962年のイギリス映画「アラビアのロレンス」でアラブの遊牧民族の族長アリを演じてアカデミー助演男優賞候補になりました。
その後、1965年の映画「ドクトル・ジバゴ」や 1968年の映画「うたかたの恋」に主演するなど、1970年代までは知名度の高い作品に出演してました。

1980年代と 1990年代は知名度の高い出演作品に恵まれませんでしたが、2003年のフランス映画「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」でセザール賞最優秀男優賞を受賞しています。

私は、オマー・シャリフの出演作を映画館で観たことはありませんが、テレビ放映時に「アラビアのロレンス」と「ドクトル・ジバゴ」を観た記憶があります。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です