カール・フリードリヒ・ガウス 生誕 241周年

Google日本語版トップページに 2018年4月30日(月)、カール・フリードリヒ・ガウスの生誕 241周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「カール・フリードリヒ・ガウス」の検索結果が表示されます。

カール・フリードリヒ・ガウス( 1777年4月30日 – 1855年2月23日 )は、ドイツの数学者、天文学者、物理学者。
19世紀の科学の世界の巨人の一人で、数学や物理学などの様々な分野でガウスの名が付いたもの(ガウス積分、ガウスの定理、ガウス平面、ガウスの法則、etc.)が多数存在します。

私生活では、最初の妻と死別し、妻二人との間に 3人ずつ、計 6人の子供をもうけました。
信心深く、保守的で、あまり人と打ち解けることのない人物とのことで、愉快なタイプの人ではなかったと思われます。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です