ハインツ・ジールマン 生誕 101 周年

Google日本語版トップページに 2018年6月2日(土)、ハインツ・ジールマン(Heinz Sielmann)の生誕 101周年にちなんだロゴ画像が表示されました。

ハインツ・ジールマン( 1917年6月2日 – 2006年10月6日 )は、ドイツのドキュメンタリー映画監督で、動物学者、写真家。

1938年に製作したキツツキを題材とした長編映画「Zimmerleute des Waldes」(英語名: Woodpecker)がイギリスで高く評価されて以降、「ミスター・ウッドペッカー」の愛称で知られるようになったそうです。

日本時間の 2018年6月2日になったばかりの時点では Wikipedia にハインツ・ジールマンについての日本語ページはなかったのですが、今回の Googleロゴに取り上げられたことで、その日のうちに誰かが日本語のページを編集してくれました。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です